XenServer

仮想データセンターの統合、管理、
自動化

詳細はこちら

"我々は、XenServerにより、サーバーのトータルコストを35%以上も削減できました。"

Michael Mark
Global Service Owner, SAP IT Infrastructure Communications Services, SAP AG

 

データセンターとサーバーの仮想化を低コストで実現

Citrix XenServerは、強力なXenハイパーバイザー上で構築された、完全に管理できるサーバー仮想化プラットフォームです。Xenテクノロジーは。業界で最も高速でセキュアな仮想化ソフトウェアとして広く知られています。XenServerはWindows®とLinux®の仮想サーバーを効率的に管理するように設計されており、サーバー統合やビジネスの継続性を低コストで実現します。

サーバー仮想化とは?

サーバー仮想化は、1台の物理サーバー上で複数の仮想マシンを実行できる実証済みのテクノロジーです。各仮想マシンはそれぞれ互いに完全に隔離されており、またハイパーバイザーと呼ばれるソフトウェアの薄い層により基盤となるホストからも切り離されています。これにより、各仮想マシン上で異なるオペレーティングシステムやアプリケーションを実行することが可能になります。仮想マシンは基盤となるホストから切り離されているため、ゲストOSを実行している物理サーバーホスト間を移動することもできます。これを「ライブマイグレーション」と呼びます。これらの属性は、仮想コンピューティングに対する企業組織のアプローチを変革しつつあります。

サーバー仮想化とデータセンター自動化のためのベストチョイス

XenServerは、クラウド実績のあるエンタープライズクラスの仮想化プラットフォームであり、仮想インフラストラクチャーの構築と管理に必要とされるすべての機能を提供します。XenServerは、多くの組織によりミッションクリティカルなアプリケーションを実行するために使用されているほか、世界最大級のクラウドによっても使用されています。

  • コスト削減。データセンター内で必要となる物理サーバーの台数を減らすことにより、電力コストや冷却コストを削減できます。
  • IT部門の俊敏性と効率性の向上。顧客は、容量の動的な調整、VMの配置を最適化、繰り返しの多い管理タスクの自動化などで、データセンターやコンピューティングの刻々と変化する要件に容易に適合できます。
  • パフォーマンスとユーザーの生産性の向上。ダウンタイムがゼロの保守、ハードウェア障害からの自動回復、災害状況でのフェイルオーバー機能の提供などで、あらゆるシナリオでエンドユーザーがミッションクリティカルなアプリケーションへアクセスできるようにします。
 
 
 
 
     
 

"我々はサーバーのトータルコストを35%以上も削減できました。将来的には、サーバーの数を70%削減だけでなく、運用コストや電力コストの削減も行えると思っています。"

   
 
はてなブックマークに追加
 

Overview

サーバーを仮想化する業界標準のプラットフォーム、Citrix® XenServer ®により、すべての企業が、あらゆる仮想化リソースの一元管理・運用を、無償で容易にかつスピーディに実現できます。

ダウンロード

XenServer無償版、今すぐダウンロード。ダウンロード・インストール後、すぐに仮想マシンを作成して運用可能です。45日間の評価版ライセンスも入手可能!