ワークプレイスの変革とは?

ワークプレイス変革は、競争上の優位性の向上、コストの削減、生産性の改善、コラボレーションの強化など、組織にさまざまなメリットをもたらします。

成功を収めている組織は、ワークプレイスの変革によって競争上の優位性を向上させ、コストを削減しています。このアプローチは、社員エンゲージメントを向上させ、生産性を高め、新しい人材をあらゆる場所から雇用できるようにするほか、物理的なオフィススペースをエンゲージメントやコラボレーションの盛んな環境へと変換させます。また、社員の外出中は使用されない専用スペースを確保する代わりに、実際の機能的ニーズに沿ってさらに効率的にスペースを使用することで、ビジネスコストを削減します。

ワークプレイスの変革は、働く場所、技術、および人の行動が互いに作用することで起こり、イノベーションを促進し、さまざまな仕事のスタイルを可能にする楽しく柔軟でコラボレーションの盛んな環境を生み出します。

物理的なオフィスや作業スペースから、いつでもどこでも仕事ができる職場環境をサポートする技術を活用する、より柔軟性の高いオープンなワークプレイスに移行することは、多くの組織に大きな変化をもたらします。

今こそ、経営幹部、人事、IT、およびファシリティの各チームが一致協力して、組織に利益をもたらすワークスペースの変革を生み出すときです。

3つの領域に焦点を当てたワークプレイス変革

ワークプレイス変革において組織が対応しなければならない領域には、働く場所、技術、および人材の3つがあります。

働く場所

割り当てられた席から、組織またはプロジェクトのチームが揃って着席できるオープンな席に移行します。

さまざまな環境を用意して、自分の作業環境を選択できる柔軟性を社員に与えます。

物理的なスペースの消費を社員数から切り離すことで、不動産コストを削減します。

テクノロジー

社員がどこにいても自分のすべてのデータやアプリケーションにアクセスできるようにするソリューションを実装します。

コラボレーションツールを導入して、社員がどこにいても、プロジェクトの共同作業を行ったり、ミーティングを行ったりできるようにします。

社員によるデバイスの選択をサポートして、目標に集中して取り組めるようにします。

人材

これまでとは違ったこのような新しい働き方によって、どのようにエンゲージメントが向上し、生産性がより高まるかを社員に教えるためのトレーニングを実施します。

ミーティングルームやツールを利用して同僚とコラボレーションすることを奨励します。

どこにいても仕事ができる自由を社員に与えます。

ワークプレイス変革を行う準備はできていますか?ワークプレイス変革を実現した組織は、社員の生産性や満足度が高まったことを実感しています。働く場所によってで成功が左右されることがないため、求人の際は最も優秀で適格な候補者を雇用しやすくなります。また、必要なときにオフィスに出社する人のみに対応することで、オフィススペースの利用率が改善します。ワークプレイス変革により、社員のエンゲージメントが向上し、そして究極的には組織の競争上の優位性を得ることができます。

関連記事

Citrix Future of Work
先頃、シトリックスのCTO Councilは、将来の仕事に関する業界向けワークショップを開催しました。このイベントは、仕事やワークプレイスに変化をもたらしている大きな動きがさまざまな場所で確認された結果、推進されたものです。