シトリックスライセンスシステム

シトリックスライセンスシステムには、ライセンスを管理するライセンスサーバー、購入する各製品のライセンス、各製品に搭載された監視および測定機能の3つのコンポーネントが関連しています。

ライセンスサーバーの設定

ライセンスを管理するようにシトリックス環境を設定するには、最初に、ライセンスファイルを保存して管理するためのライセンスサーバーを少なくとも1つ作成する必要があります。シトリックスライセンスサーバーは、WindowsおよびUNIXの軽量なコンポーネントで、小規模な環境ではシトリックス製品システムに同居可能、大規模な環境では1つ以上の専用システムとして用意します。オープンなネットワークを経由して、ライセンスサーバーまたはサーバーグループを、ライセンス契約をしている(購入した)シトリックスサーバーに関連付け、そのライセンスサーバーまたはサーバーグループからライセンスを使用するようにシトリックス製品を設定します。

ライセンスの取得

シトリックス製品を購入した場合、製品評価を依頼した場合、上位エディションにアップグレードした場合は、確認メールにあるアクティベーションリンクをクリックすると、ライセンス資格を取得できます。あるいは、シトリックスのWebサイトの個人用セクションであるMy Citrixにアクセスすることもできます。詳細は、シトリックス製品のライセンスをご覧ください。

ライセンス監視および測定

ライセンスは、各製品のライセンスモデルに応じて、ユーザー、デバイス、セッション、サーバー、またはアプライアンスに貸し出すことができます。製品別のライセンスモデルの詳細情報をご覧ください。

すべてのライセンスは、ライセンスサーバーのライセンスプールに格納されています。ライセンスの貸し出しは、製品固有のシステムアクティビティに基づいて行われます。

例:

  • ユーザーが仮想アプリケーションにアクセスする
  • デバイスがデスクトップに接続する
  • 仮想サーバーホストマシンがサーバープールに追加される
  • アプライアンスがネットワーク上で有効になる

アクティビティが開始すると、製品はライセンスサーバーからライセンスを要求します。適切なライセンスを使用できる場合、ライセンスサーバーは貸し出しを行い、それに応じて関連付けます。

製品がライセンスサーバーとの通信を失った場合、その製品は事前に決められたライセンス猶予期間中は機能し続けます。さらに注意として、ライセンスとライセンスサーバーをバックアップしておくこともお勧めします。