Citrix Virtual DesktopsとGoogle Chromebookによる セキュアで高パフォーマンスな環境を構築

神戸製鋼グループの総合リース会社である神鋼リース株式会社は外出先からも業務を遂行でき るようにタブレット端末とリモートデスクトップ環境を利用していましたが、パフォーマンスと使い 勝手に大きな課題がありました。同社はその課題を解決するためにCitrix Virtual Desktops とGoogle Chromebookによるセキュアで高パフォーマンスな環境を構築し、営業担当者の業 務効率・顧客満足度の向上とビジネスへの貢献を実現。働き方改革の基盤としても活用してい ます。

神鋼リース株式会社 事例 PDF

課 題: 金融業ならではの高いセキュリティ要件と 生産性向上の両立

神鋼リース株式会社は神戸製鋼グループの総合リース会 社。神戸の本社を中心に札幌から福岡まで主要都市に営 業拠点を持ち、“ものづくり”の精神を大切にしながら、 様々なファイナンスメニューを提供しています。多くの機密 情報を取り扱う同社では非常に厳しいセキュリティ要件を 設定しており、社用PCの社外利用は大きく制限されていま した。一方で外出の多い営業部門からはPCの持ち出しや 外出先から社内システムへの接続許可を求める声も多く、 同社はセキュリティを担保しながら社外での業務を許可す るためにタブレット端末を導入しました。PCを持ち出すの ではなく、外出先から社内のPCへリモートデスクトップ接 続させる方式を採用したことでセキュリティ要件を満たす ことはできましたが、起動時間や操作性に課題が残り、 ユーザーからは不満の声も聞かれました。同社の情報シス テム責任者である企画部 楞野智華氏は以下のように振り 返ります。「タブレット導入当初は喜んでいた営業担 当者も、起動時間の長さや使い勝手の悪さから改善 の要望が増え、場合によっては使わない人も出てきて しまいました」
また、タブレット端末から接続しているPCは常時起 動しておかなければならず、接続などに問題が発生 するたびに社内にいる人に対応してもらう必要が あったのもユーザーの不満のもとになっていました。 その後、同社はWindows 10への移行、サーバーの リプレイスとあわせてリモートアクセス環境の改善を 計画。セキュリティを担保しながら操作性を改善し、 生産性を向上させる施策としてデスクトップ環境を サーバーに集約するVDI方式の検討を開始しました。 「当社においても『働き方改革』は経営上のテーマに なっています。そのためリモートアクセス環境の改善 は営業担当者の業務効率化だけでなく、全社員の次 世代の働き方を支える基盤として重要な位置づけに なるものです。これを実現するためには生産性とセ キュリティの両立はなくてはならない要件でした」と楞野智華氏は説明します。
さらに、操作性などに問題があったタブレット端末に 代わるデバイスについても検討しました。

ソリューション: VDI 化によるデスクトップ環境の一元管理 とChromebook の活用

セキュリティを担保しながら高い操作性を持ち、生産 性の向上に寄与するリモートアクセス環境の整備を進 めるためには大きく2つの観点でソリューションの選 定が必要になります。1つはデスクトップ仮想化製品、 そしてもう1つはユーザーが利用する端末です。

神鋼リースからの依頼を受けて本プロジェクトのシス テムインテグレーションを担当したコベルコシステム はデスクトップ仮想化製品にCitrix Virtual Desktopsを選定し、POC(基本動作検証)の環境を 構築。その理由について、同社システム事業部 ICT本 部 担当課長 森拓洋氏は以下のように語ります。「金融 業が求めるセキュリティ要件を満たすこと、業務に支 障のないパフォーマンスを発揮できることを条件に選 定しました。また、Citrix Virtual Desktopsでは統 合された管理ツールおよびきめ細かいポリシーの設定 によって効率的な運用管理が可能になります。さらに これまでの実績も加味すると、ほかの選択肢は考えら れませんでした」
また、ユーザーが利用する端末をこれまでのタブレット 端末からGoogle Chromebookに変更しました。

「業務アプリケーションの操作性を考えるとノートPC 型の端末がよいと考えました。従来のWindowsベー スのシンクライアント端末も検討しましたが、運用管理 を含めたトータルコストなどを勘案しChromebook のメリットが大きいと考えました。また、タブレット端末 に慣れたユーザーが持ち運びやすいよう、薄型で軽量 なモデルを選定しました」(森氏)

端末の紛失や盗難による情報漏えいを防ぐために、 Chromebookのローカル環境は使用せず、すべての アプリケーションやデータは仮想デスクトップ環境で のみ利用するように管理されています。また運用管理 面でも、Citrix Virtual Desktopsのポリシーベース の管理に加え、Chromebookの管理コンソールによ るシンプルで効果的な管理が可能になります。 このようにして、Citrix Virtual Desktopsによる仮想 デスクトップ環境とChromebookの組み合わせでの 展開が決定しましたが、別の課題として仮想デスクトッ プに使用するWindowsのライセンス費用がありまし た。これに対応するため、同社では仮想デスクトップに 使用するOSとしてWindows 10ではなくWindows Server OS を採用しました。Server VDIとして Windows Server OSを仮想デスクトップとして利用 する形は正式にサポートされており、ライセンス費用もWindows 10などのクライアントOSを使用する場合 より削減することが可能です。さらに森氏は 「Windows Server OSの利用に加え、仮想デスクトッ プをユーザー専用として移動ユーザープロファイルを 使用しないことにより、運用コストを削減することもで きました」と、様々な面でのコスト削減を実現できたこ とを付け加えます。

導入効果: 顧客対応スピードの劇的向上と運用管 理の効率化

こうして2017年10月にサービスインしたVDIに よるリモートアクセス環境ですが、単なるプラット フォームと端末の変更以上の効果を同社にもたら しました。建設営業部 東京建機営業室長 楞野茂 康氏はユーザーの立場でそのメリットを説明しま す。「Chromebookはタブレット端末からの変更 でも違和感のない起動時間ですぐに業務環境にア クセスできます。起動後のパフォーマンスや使い勝 手もよいため、営業対応時も業務アプリケーション を安全に利用し、お客様への応答時間を劇的に短 縮することができました。これまでは確認内容が あれば事務所に持ち帰るか、社内にいるアシスタン トに確認してもらうため回答に時間がかかること もよくありました。今ではその場で確認して即答で きるためお客様からの評判も上がり、結果として商 談機会を増やすことができました。さらに直行直 帰が可能になり、働き方も変わってきました」
また、ユーザーが利用する環境がセンターで一元 管理されることにより、運用面でのメリットも明確 になりました。たとえば人事異動によってユーザー の配属が変更になると、これまではそのユーザー のPCを管理者が預かり、接続情報やプリンタの設 定などを変更してユーザーに戻していたため、その間ユーザーがPCを利用できないことがありまし た。しかし現在では端末自体の設定変更は不要と なり、異動などがあっても業務に支障が出ることは なくなりました。また障害発生時などもセンターで 一元的に管理されているため迅速な対応が可能 になりました。

セキュリティ要件が厳しく、情報漏えい対策として ユーザーのPC利用も制限していた同社ですが、パ フォーマンスや運用管理性も含めた管理者として のメリットも明確です。

「これまではPCの紛失、盗難や公共のWi-Fi への 接続などがリスクでしたが、いまの環境では管理 者としても安心感が圧倒的に違います。また、 VDIを導入したことで帯域の細い拠点からの通信 でも起動時間、パフォーマンスが飛躍的に向上し、 社内での評判も上々です」(楞野智華氏)

今後のプラン: 働き方改革の基盤としての拡充とさらな る業務効率化

Citrix Virtual DesktopsとChromebookの組み 合わせによるリモートアクセス環境はセキュリティ 強化だけでなく、業務効率化とビジネスへの貢献、 「働き方改革」の基盤としてすでに大きなメリットを もたらしています。

今後注力したいテーマとして挙げられたのはVDI 環境の多重化によるBCP対策とマルチデバイス対 応です。「災害などでシステム障害が発生してしまっ た場合にも業務に影響が出ない仕組みを作ること、 現在のChromebookに加え、スマートフォンなど の活用も検討し、より場面に応じた端末で必要な 業務処理を迅速にすることを目指していきたいで す」本システムの構築支援を行ったコベルコシステ ム社への期待も含めて楞野智華氏は締めくくりま した。

©2019 Citrix Systems, Inc. All rights reserved. Citrix®、Citrixロゴおよびその他のマークは、Citrix Systems, Inc. および/またはその一つもしくは 複数の子会社の商標であり、米国の特許商標庁および他の国において登録されている場合があります。 その他の社名、商品名はそれぞれの所有者の登録商標または商標です。

Citrix Virtual Desktopsの導入でパフォーマンスが 飛躍的に向上し、社内での評判も上々です
楞野 智華 氏
企画部 兼 営業統括部
神鋼リース株式会社

導入製品

導入前の課題

  • リモートアクセスのパフォーマン ス
  • Windows10への移行
  • 業務効率化とセキュリティの両立

導入後の効果

  • 端末の起動時間と使い易さの改善
  • 一元管理によるオペレーションコ ストの削減
  • リモートワークによる働き方改革 の実現