個人デバイス(BYOD)をセキュアに業務で活用するには

社員が個人所有モバイルデバイスを安全に仕事で使用できるようにする

近年、個人所有デバイスを業務で利用することはあたりまえになっており、IT部門にとってアプリケーションおよびモバイルデバイス管理は新たな課題となっています。私物デバイスの業務利用(BYOD)では、デバイスを自由に利用できる一方で、企業データをセキュリティ上のリスクにさらす可能性があります。

詳細を見る

BYODへの要求が高まるにつれ、IT部門にはアプリケーションやデバイスを安全に管理するための機能が必要になります。Citrix XenMobileを使用すると、IT部門は、プラットフォーム全体におけるモバイルアプリケーションやデバイスをすべて単一コンソールで管理できます。単一コンソールでのモバイル管理が可能になることで、IT部門はセキュリティおよびコンプライアンス対策に対応するポリシーを設定できるだけでなく、社員が個人所有デバイスの使用を選択する自由も得られます。

Citrix XenMobileでは、社員の個人情報保護に関する心配を取り除くモバイルアプリケーション管理(MAM)ソリューションを提供します。デバイスを登録しなくても、IT管理者は、シングルサインオンやリモート消去などのアプリケーション固有のポリシーだけでなく、アプリケーション間のワークフローも適用することができます。MAMファーストアプローチにより、社員のモバイルデバイスに個人データと作業データを共存させることができ、企業データのセキュリティを低下させることもありません。

社員が個人所有デバイスでの生産性を高めるために必要なツールを提供します。ビジネスユーザー向けに最適化された、安全なXenMobile生産性アプリーションを使用すると、ユーザーは使用しているデスクトップアプリケーションのビジネス機能と同じ機能を使用できます。安全な生産性アプリケーションとワークフローの統合により、社員の個人所有デバイスでの生産性を向上させることができます。IT管理者は、さまざまなプラットフォームにおけるアプリケーションを一元管理することで、BYOD管理の複雑さを最小限に抑え、モバイルの生産性を最大限に高めることができます。

シトリックス製品

XenMobile

  • プラットフォーム全体のアプリケーションとデータを一元管理してビジネスを変革します。
  • デバイス登録の必要性を排除する、MAM ファーストアプローチ。
  • アプリケーション固有のセキュリティポリシーを適用し、BYOデバイスにおける個人データと企業データの共存を実現します。

解説

ビジネスアプリケーションをモバイルユーザーに安全に配信

XenMobileで提供される Secure Apps アプリについて

導入事例

BYOポリシーとセキュリティに関する落とし穴の回避

ホワイトペーパーをお読みください。

次のステップ