モバイルデバイスでOffice 365をセキュアに管理する

企業データ漏洩リスクを心配せずに、人気のOfficeアプリを利用する

Microsoft Office 365を使用することでユーザーは、ビジネスシーンに欠かせない Word、Excel、Exchange、PowerPoint などのマイクロソフトアプリケーションにどこからでも、あらゆるデバイスで自由にアクセスできるようになりました。しかし、O365の導入はほんの始まりに過ぎません。マイクロソフトのアプリケーションだけでなく、多くのエンタープライズ企業では、モバイルアプリケーションや、社内開発されたアプリケーション、Web、SaaSアプリケーション、さらにはデータセンター実行されるセキュアな仮想アプリケーションを導入しています。IT部門には、サポートするあらゆるプラットフォーム、そしてそこで取り扱われる全てのアプリケーションやデータを可視化することが求められています。

詳細を見る

Citrix XenMobileを使用することで、IT部門は、業務アプリケーションを保護するだけでなく、ユーザーのモバイルデバイス上にある個人向けアプリを隔離することができます。ユーザーの個人デバイス設定に影響を与えることなく、モバイルデバイスから業務アプリケーションおよびデータを選択的にワイプできます。

XenMobileストアを通じてパブリックなOfficeアプリケーションを配布します。XenMobileストアでは、対象とするユーザーに使用してもらいたいと組織が考えるアプリをすべて取り扱うことができます。Officeアプリは管理対象アプリであるため、管理者には、ユーザーに対する権限の発行および取り消しを行う権限が与えられます。

Citrix XenMobileでは Open In 機能をシームレスに使用できるため、ユーザーはネイティブ Office アプリケーションを使ったデータやドキュメントを交換することができます。XenMobile Secure Mailの添付ファイルをそのまま Microsoft Office 365 アプリケーションでに開くことができます。

Citrix NetScaler ADCによるアプリケーションごとの micro VPN は、通信中のアクティブなデータとデバイスに保存されたデータの両方を保護します。Citrix Secure Mailおよびその他のXenMobileアプリケーションに使用している NetScaler Application Delivery Controller を、O365の保護にも同時に併用できます。

シトリックス製品

XenMobile

  • Office 365 やモバイルアプリケーションを、コンプライアンス上で許可されたデバイスにだけ、セキュアに配信する。
  • 保存データを保護するデバイス暗号化に関するポリシーを実施する。
  • クラウドとオンプレミスのデータセンターまたはネットワーク間の通信データ保護を提供する micro VPN および アプリケーションごとの VPN 接続。

ビデオ

XenMobileとOffice 365

XenMobileがどのようにMicrosoft Office 365を強化できるかをご覧ください。

解説

XenMobileを使用したO365のセキュリティ保護と管理

Office 365が企業ユーザーの間で人気を得ている理由をご覧ください。

導入事例

XenMobile for EMS

XenMobileとマイクロソフトEMSを組合せたOffice 365とワークスペース管理の方法をご紹介します。

次のステップ