Microsoft EMS/Intune環境の生産性を向上しセキュリティを強化

最適化されたセキュリティ機能を使用してOffice 365アプリケーションの配備と管理を行います。

企業や組織は、自社のOffice 365(O365)アプリケーションを管理するためにMicrosoft Enterprise Mobility + Security/Intune(MS EMS/Intune)を導入しています。 Citrix XenMobileは、セキュリティの強化とエンドユーザー生産性の向上を実現するために必要となるユニークな機能を管理者に提供します。

XenMobileとMicrosoft EMS/Intuneの統合

詳細を見る

Microsoft Enterprise Mobility + Security/Intuneのセキュリティを強化します。モバイルデバイス管理(MDM)ポリシーおよびモバイルアプリケーション管理(MAM)ポリシーを設定することで、状況に応じたアクション指向のセキュリティを実現するための自動化されたアクションをトリガできます。

XenMobile MicroVPNトンネルを使うと、ユーザーはIntuneやEMSに対応したアプリケーション(O365やその他のLOBアプリケーションを含む)で、ファイアウォールの背後にあるオンプレミスリソースにセキュアにアクセスできるようになります。追加のログインは不要であるため、エンドユーザー向けのモバイルエクスペリエンスが向上し、生産性がアップします。

クラウドベースの電子メールプロキシに関連付けられている課題を克服します。Citrix Secure Mail for Intuneは、Microsoft Exchangeサーバーがオンプレミス環境に存在する場合であっても、Intuneアプリケーション保護ポリシーを履行します。IT部門は、個々のデバイスやオペレーティングシステムをブロックすること、デバイス、ユーザー、ユーザーグループに基づくActiveSyncポリシーのカスタマイズ、デバイスレベルでの隔離、個々の接続やデバイスの監視が行えます。Secure Mailを使用するとExchangeから直接モバイルデバイス上のメールにアクセスできるため、データやクレデンシャルのキャッシングは不要になります。その代わりに、二重の暗号化を利用することや、60件以上のMAMポリシーへのアクセスが可能となります。

Citrix Secure Mailやその他のXenMobileアプリケーションをMicrosoft Officeアプリケーションと統合することで、生産性の向上と直観的に理解できるワークフローを実現し、ドキュメントの暗号化を維持できるようになります。Intuneアプリケーションの保護と組み合わせることで、Secure MailはOffice 365アプリケーションと共にシームレスに動作するため、エンドユーザーは生産性の向上を享受できるほか、Intuneにより管理されるアプリケーションの企業データに対するシングルサインオンが行えるようになります。

マルチコンテナを使うと、Office 365とXenMobileアプリケーションを管理するために2つの独立したMAMソリューションを使用する必要がなくなります。Citrix Cloudコンソールを通じてOffice 365アプリケーションの管理、配備、設定が行えるようになるため、IntuneやAzureのポータルへと移動する必要はなくなります。これにより、お使いのCitrix Workspace内にあるすべてのアプリケーションを単に表示するだけでなく、それらを管理できる統一的なペインが提供されます。

シトリックス製品

XenMobile

  • Citrix Cloud内の単一コンソールを通じてOffice 365の管理、配備、設定が行えます。
  • オンプレミスベースのMicrosoft Exchangeメールに関するMAMポリシーを実施することで、個々の接続やデバイスによるメールへのアクセスを監視、フィルタリング、またはブロックします。
  • MS EMS/Intuneに対応したアプリケーションとXenMobileアプリケーション間のワークフローをコンテナ化します。

次のステップ