クラウド、オンプレミス、またはその両方に保存されたデータに自由にアクセス

モバイルワークの浸透によって働き方は大きく変わりました。オンプレミスおよびクラウドのデータ保管に関する企業の意識も変わりつつあります。エンタープライズモビリティはアクセスのしやすさが重要です。デバイスに関係なく、いつでもファイルへアクセスできる必要があります。IT管理者はビジネスニーズに柔軟に対応するために、カスタマイズ可能なオンプレミス、クラウド、ハイブリッドのストレージオプションを必要としています。

ShareFile StoreageZone Connectors

詳細を見る

Citrix ShareFileは、あらゆる企業にお勧めできる、カスタマイズ可能なソリューションです。データはクラウドにホスティングしたり、既存のネットワークに保存したりすることができます。ハイブリッドモデルも利用できます。また、ShareFileではデータを移行せずに既存のネットワーク共有にアクセスすることもできるため、SharePoint、OneDrive for Business、ECMシステム、および他のドキュメントライブラリ内のファイルを簡単にすばやく使用できます。Citrix StorageZone Connectorsを使用すると、企業はファイルの保存場所に関係なく、そのファイルに接続できます。 

シトリックスでは、高い柔軟性と迅速なセットアップを必要とする企業向けにクラウドストレージ ソリューションを用意しています。Citrix ShareFileを使用すると、社員はセキュアなクラウド型ストレージを利用してデータを便利に共有、同期、および保存できます。これはニーズに応じて拡張する、コスト効率の高いソリューションです。

情報の安全性をさらに高めるため、データはシトリックスの管理の下、世界各地に配置されます。データは多くのサーバーでホストするため、予期しない事態や災害時でも、ファイルには必要なときにいつでもアクセスできます。

企業がそのデータをホストしたいと考えるのにはさまざまな理由があります。データをホストするには、データセンターにいわゆるShareFile StorageZoneを作ります。StorageZoneはユーザーにリモートアクセスを提供するCitrix ShareFileの機能です。この製品は、StorageZone Connectorsを通じて他のアプリケーションに接続する機能も備えています。オンプレミスストレージはユーザーのアクセスを制限し、ファイルの暗号化によってデータを安全に保つため、厳しいデータコンプライアンスに理想的です。

グローバルな組織にはグローバルなスケールの柔軟性が必要です。ハイブリッド クラウド ストレージ オプションにより、非常に高い安全性を誇るストレージソリューションが実現します。企業独自のデータセンターにデータを配置すれば、ファイルはコンプライアンス要件を満たすだけでなく高レベルのセキュリティも実現します。こうすることで、シトリックスのクラウドサービスを通じて共有するファイルをユーザーが自由に選択できるようにもなります。

ハイブリッド クラウド ストレージ モデルは、ストレージとメンテナンスにかかる費用を抑えるためにクラウドを使用し、地域のコンプライアンス方針を順守するためにオンプレミスのデータセンターを活用しようと考える国際企業に最適です。また、コスト効率が高く、お客様のビジネスにとって最もカスタマイズ可能なソリューションです。

シトリックス製品

ShareFile

  • モバイルビジネスのニーズを満たすために必要な柔軟性を備え、他の個人向けファイル共有サービスを上回る高度なセキュリティを提供する、エンタープライズ対応ソリューション。
  • データを移行しなくても既存のネットワーク共有にアクセスできるため、サードパーティのドキュメントライブラリ(SharePointなど)を簡単にすばやく使用できます。

ビデオ

ShareFile StorageZonesのデモ

StorageZonesではデータの保存場所を選択することができます。

解説

重要なビジネス情報へのリアルタイムモバイルアクセスが可能

ShareFileソリューションブリーフをお読みください。

導入事例

ShareFile StorageZonesの顧客事例

保険ブローカー企業が、データの所有、制御、および管理をどのように行っているかをご確認ください。

次のステップ