Windowsサーバーのネットワーク共有や既存データ リポジトリの活用

統合されたアクセスポイントから、転送不要でデータにアクセス

従来型のネットワーク環境では、データをモバイルデバイスからアクセスできません。セキュリティを保護するために、ファイルは企業ネットワークの外では使用できず、ユーザーはリモートでファイルを共有することもできません。真のモバイルワークフォースを実現するには、データを転送することなく、ユーザーがどこからでも、共有ドライブ、SharePoint、またはOneDrive for Businessなどのネットワーク共有にアクセスできるファイル同期および共有ソリューションが必要です。

Citrix ShareFile Connectors

詳細を見る

モバイルユーザーによる既存ストレージへの接続を支援するために、シトリックスはShareFileにStorageZone Connectors機能を提供しました。StorageZone Connectorsを使用すると、モバイルユーザーはShareFile環境と、ネットワーク共有、ファイルドライブ、SharePoint、またはOneDrive for Businessを自由に接続できるので、データをいちいちShareFileに転送しなくても、そのままアクセスできます。StorageZone Connectorsを採用すれば、ユーザーは一箇所からあらゆるデータにアクセスできるようになります。

StorageZone Connectorsを既存のエンタープライズネットワークでセットアップすると、ネットワークではStorageZonesをファイルの保管場所として認識します。この新しいStorageZoneフォルダーをエントリポイントとして使用することで、ユーザーはネットワークファイルにアクセスできるだけでなく、SharePointやその他のドライブ内のデータに接続するためのプロキシとしてShareFileサーバーを使用できます。

ネットワークデータをモバイル化するには、カスタマイズされたソリューションが必要です。ShareFile StorageZone Connectorsを使用すると、データを移行する必要がなくなるため、IT部門は大量のエンタープライズデータをクラウドに移行する必要がなくなります。Connectorsでは、ネットワークファイルや他のサードパーティのストレージサービスに直接かつセキュアに接続できます。IT部門は、既存のセキュリティポリシーを維持するとともに、既存のファイルへのユーザーアクセスを拡張することができます。

ユーザーはどこからでも企業データにアクセスでき、オフラインで使用するためにSharePointライブラリからアクセスすることもできます。また、Citrix XenApp、XenDesktop、およびシトリックスファミリのビジネスソリューションの他の製品を利用して、あらゆるデバイスでデータに接続できます。

ShareFile Personal Cloud Connectorsを利用すると、ユーザーはShareFileから、Dropbox、Box、GoogleDrive、またはOneDriveの個人アカウントなどの既存のクラウド型ストレージにアクセスできます。Personal Cloud Connectorsを利用して、企業はファイルの保存ポリシーを柔軟に決定できます。企業データを社内ストレージのみで管理したいと考えている企業では、IT部門はPersonal Cloud Connectorsを一定期間だけ限定的に有効にして、個人データを移行するようにユーザーに義務付けられます。IT部門が個人ファイル共有サービスを常時利用できる状態に設定した場合は、編集や注釈付けといったShareFileの高度な生産性を高める機能を、個人向けのクラウド上のファイルにも利用できます。

シトリックス製品

ShareFile

  • 特定のSharePointサイトまたはネットワーク ファイル パスに対する権限をユーザーに付与します。
  • 社内リソースへの下位レベルの管理権限をユーザーに付与して、IT部門の負担を軽減できます。
  • Office 365 Connectorsを使用したMicrosoft OfficeおよびPDFの注釈付けの編集機能が充実します。

ビデオ

オンプレミスまたはクラウドで既存のデータをモバイル化

ShareFile Connector for SharePointおよびConnector for Network Drivesのデモをご覧ください。

解説

StorageZone Connector機能の概要

企業ネットワーク外からデータにアクセスするというIT部門の課題を、StorageZone Connectorsがどのように解決するかをご覧ください。

詳細情報

ShareFile Drive Mapperによりデータの無秩序な増殖を解決

ShareFileを導入すると、IT部門はデータのセキュリティと制御を確保できるほか、ユーザーのモビリティのニーズに応じたデータデリバリーを実現できます。

次のステップ