セキュリティとコンプライアンス
業界基準のセキュリティ機能により、機密ファイルの保存、アクセス、共有を保護します

企業データを安全に保管するためのビジネス要件を満たします

ShareFileを使用すると、IT部門は、どのような状況であっても、それぞれのユーザーに適したセキュアなアクセスレベルをポリシーで定義できます。ユーザーには、場所、役割、またはデバイスに応じて、ダウンロード限定のアクセス権か、アップロード/編集/削除ができる完全なアクセス権が与えられます。

暗号化によって保管時および移動時のデータを保護し、パスコードのロック、改造の検出、リモート消去、データの有効期限といったデバイスセキュリティ機能によってモバイルデバイス上のデータを保護します。また、レポート作成および監査制御によって、プライバシーに関する義務や規制へのコンプライアンスをサポートします。

ShareFileを使えば、社員は、どこにいてもいつでも安全にデータを共有、保存、および編集できます。
David Kreft
システム管理責任者
WAGO GmbH 社サービスデスクおよびWindowsアプリケーション開発部

Restricted StorageZonesを使用してデータの保護を強化

データセキュリティおよびコンプライアンス遵守を強化するために、ShareFileではRestricted StorageZonesを提供しています。これは、お客様自身が管理する、プライベートなStorageZones領域です。Restricted StorageZone内のファイルとメタデータは、ShareFileサービスの管理者でも解読できないように、お客様が自分で管理する暗号鍵で符号化されます。また、安全なドキュメントとファイル共有へのアクセスは、二段階認証をパスする必要のある特定の社内ユーザーだけに限定されます。

83%

ファイルセキュリティ機能に優れているCitrix ShareFileを選択した、調査対象の金融部門のお客様

TVID:2FC-F08-C93

特に規制の厳しい業界の厳格なコンプライアンス要件に適合

ShareFileにより、IT部門は、コンプライアンス要件を満たすためのリアルタイムでのアクティビティの追跡およびログ記録、カスタムレポートの作成を管理できます。これにより、特に金融や医療といった規制の厳しい業界で、セキュリティ、リスク、および監査の担当者による知的財産の保護、データ漏えいの防止、コンプライアンスの促進を支援します。

たとえば、医療機関向けのShareFileクラウドでは、厳格なHIPAA要件の順守をサポートするために、患者健康情報(PHI)のアップロード、保存、および共有が可能なプライベートクラウドを備えた安全なエンクレーブを提供します。

追加コストをかけることなく既存のDLPシステムを活用

また、ShareFileは、ファイルのデータ損失防止(DLP)分類によってドキュメント共有を制限するため、顧客管理のStorageZone導入のために一般的なDLPシステムと統合できます。企業、特に規制の厳しい業界の企業は、ファイルの内容に基づいてファイル共有を制御する必要があります。ShareFileを顧客の既存のDLPシステムと接続すると、ShareFileで、ファイルの内容に基づいてファイルを分類したり、企業ポリシーごとに共有の制限を実施したりできます。

次のステップ