用語集に戻る

エンタープライズモビリティ管理(EMM)とは?

エンタープライズモビリティ管理(EMM)とは、1つの企業または組織内で、企業支給または従業員所有のモバイルデバイスの保護と管理を行うためのテクノロジー、プロセス、ポリシーをひとまとめにした機能です。EMMは、変化し続ける一連のデバイスプラットフォームやワークプレースにおけるモビリティのトレンドに対応するために、常に進化を続けています。

EMMの進化とは?

EMMソリューションは、BYODムーブメントの結果として登場したものです。多くの企業や組織では、ワークプレースにおけるモバイルデバイスの利用を制限するのではなく、EMMソリューションの導入を選ぶことで、ユーザーが柔軟にデバイスを選択できるようにすると同時に、IT部門が制御を維持できるようにしています。 

モバイルデバイス管理(MDM)がもたらすメリットは?

EMMはモバイルデバイス管理(MDM)に由来する機能でしたが、今ではMDMを包含する機能となっています。EMMを使うことで、IT部門は、ユーザーのデバイスに関する完全な制御を確保できます。一方、MDMでは、デバイス製造業者やプラットフォームプロバイダーにより提供されたデバイスレベルのポリシーを利用してデータを保護します。これらのポリシーを援用することで、IT部門は、モバイルユーザーの構成、保護、サポートが行えるようになります。たとえば、IT部門はデバイスレベルの暗号化を有効化することで、デバイスのロックやデータ消去を自動的に行えます。

モバイルアプリケーション管理(MAM)がもたらすメリットは?

モバイルアプリケーション管理(MAM)は、EMMソリューションを構成する重要なコンポーネントの1つです。MAMを使うと、IT部門はデバイス全体ではなく、アプリケーションのみを管理できます。また、IT部門はMAMを使うことで、特定のアプリケーションに対するセキュリティポリシーの適用や、アプリケーション間での企業データ共有の制限が行えるほか、デバイス全体でのデータ消去を行う代わりに、アプリケーションとそれに関連するデータのみを選択的に削除できます。ただし、IT部門は、MAMを使ってパーソナルアプリケーションを管理することはできません。

ユニファイドエンドポイント管理(UEM)がもたらすメリットは?

IT部門は常により新しいデバイスプラットフォーム(Windows 10など)をサポートすることを追求しているため、多くのEMMベンダーは、ユニファイドエンドポイント管理(UEM)を提供するようにソリューションを進化させています。UEMはEMMが提供するすべての機能を含んでいるほか、IT部門が単一コンソールを通じてあらゆるタイプのエンドポイント(iOS、Android、Windows、Chrome OS、 Mac OS搭載デバイスを含む)を管理することを可能にします。また、UEMソリューションを使うと、ユーザーがアプリケーションやファイルのすべてにアクセスできるようになります。

EMMを使用して生産性を最大化するには?

EMMの目標は、単に「エンドユーザーがモバイルデバイス上で仕事をできるようにすること」ではありません。それは、エンドユーザーの生産性を可能な限り向上させることです。コンシューマ向けアプリケーションは簡便で使いやすいという長所がある一方で、ユーザーが日常的な業務を実行するために必要となる一定水準の機能を提供しておらず、ましてや企業が必要とするレベルのセキュリティなどは一切提供していません。

EMMソリューションは、ビジネス利用を念頭に置いて設計されたモバイル生産性アプリケーション(電子メール、セキュアなWebブラウザ、ドキュメント編集用の各種アプリケーションをはじめ、アプリケーション、デスクトップ、ファイルのような企業リソースへのリモートアクセスを実現するアプリケーションを含む)を提供します。これらのアプリケーションを利用することで、モバイルユーザーは、オフィスにいる場合と同じレベルの生産性とセキュリティを享受できるようになります。

シトリックスがUEMを使用してデジタルワークスペースをいかに簡素化しているかについては、Citrix Endpoint Managementのページをご覧ください。

その他のリソース: