シトリックス用語集

A

Access Control Management (アクセス制御の管理)

コンピューティング用語でアクセス制御管理とは、ユーザーまたはユーザーグループのシステム、リソース、またはその他の情報へのアクセスの管理を意味します。これには、アクセスを要求するユーザーまたはユーザーグループの身元を証明するための認証が含まれます。

トップへ戻る ▲

Application Acceleration (アプリケーション高速化)

アプリケーションの高速化とは、キャッシング、圧縮、暗号化など各種の方法を活用してアプリケーションサーバーの性能を向上し、エンドポイントデバイスへの配信を加速するネットワークコンポーネントを使用してアプリケーションの性能や配信を高速化するプロセスです。

トップへ戻る ▲

Application Compatibility (アプリケーションの互換性)

アプリケーションの互換性とは、特定のアプリケーションが特定の実行環境またはオペレーティングシステム内で持つことができる能力やサポートレベルです。たとえば、Internet ExplorerやFirefoxなどの特定のWebブラウザをLinux上で実行できる能力を指します。

トップへ戻る ▲

Application Delivery Controller (アプリケーション デリバリー コントローラー)

アプリケーション デリバリー コントローラー(ADC)は、データセンター内に常駐するネットワークデバイスで、ファイヤウォールとアプリケーションサーバーとの間に戦略的に配置されています。ADCは、サーバー間の負荷分散を処理し、企業アプリケーションのエンドユーザーのパフォーマンスとセキュリティを最適化します。

トップへ戻る ▲

Application Firewall(WAF)

アプリケーションファイヤウォールは、アプリケーションとサービス間での入出力やアクセスを制御して、攻撃からアプリケーションを保護するネットワークセキュリティデバイスです。

トップへ戻る ▲

Application Management (アプリケーション管理)

アプリケーション管理とは、開発から導入に至る、アプリケーションのライフサイクルを管理するプロセスです。

トップへ戻る ▲

Application Migration (アプリケーション移行)

アプリケーション移行とは、あるアプリケーションから別のアプリケーションへの移行、アプリケーションのあるバージョンから別のバージョンへの移行、あるOSから別のOSにアプリケーションを移行するためのアクティビティおよびプロセスです。

トップへ戻る ▲

Application Security (アプリケーションセキュリティ)

アプリケーションセキュリティとは、内部および外部の脅威からアプリケーションを保護するための手段および対策です。

トップへ戻る ▲

Application Virtualization (アプリケーション仮想化)

アプリケーション仮想化とは、アプリケーションが実行されている、基盤となるOSからアプリケーションを抽象化する方法。アプリケーション仮想化を行うと、アプリケーションはエンドユーザーのデバイスにはインストールされなくなり、その代わりにエンドユーザーのデバイスに仮想的に配信されるようになります。

トップへ戻る ▲

B

Branch Office Networking (ブランチオフィスネットワーキング)

本社と支店間のネットワークとは、ITインフラを介して本社と支社を接続する機能で、デスクトップ、アプリケーション、マルチメディアなどのすべてのサービスの高速化、制御、および最適化を行います。

トップへ戻る ▲

Bring-Your-Own Device(私物デバイスの業務利用 : BYOD)

私物デバイスの業務利用(BYOD)は、ますます一般化する企業ポリシーおよびユーザー動向であり、社員はノートPC、タブレット、スマートフォンなどの個人所有のデバイスを職場に持参し、それらを使用して企業情報にアクセスできます。

トップへ戻る ▲

Business Continuity Plan (事業継続計画)

事業継続計画(BCP)とは、計画的なダウンタイムまたはメンテナンスから、予想外の自然災害や危機に至る、ビジネスの中断時に継続的な運用を維持するために企業が導入するプロセスおよび手順です。

トップへ戻る ▲

Business-Ready Desktop (ビジネス対応デスクトップ)

ビジネス対応デスクトップは、LOB(事業部門)での使用に対応したエンドユーザー向けの包括的なデスクトップです。仮想ホステッドワークスペースとして、アプリケーション、生産性ツール、ストレージなどの機能を備えています。その価値は幅広く、全面的なサポートがあり、オンデマンドで配信されます。

トップへ戻る ▲

C

Caching (キャッシング)

キャッシングとは、頻繁に利用または要求されるコンテンツ専用のコンピューターメモリの領域です。HTMLページ、イメージ、ファイル、Webオブジェクトなどを含むコンテンツは、ユーザーが迅速にアクセスできるようにローカルハードドライブに保存されるため、コンピューターの効率および全般的なパフォーマンスが向上します。

トップへ戻る ▲

Client Virtualization (クライアント仮想化)

クライアント仮想化とは、セキュリティ、管理のしやすさ、サポートのしやすさを向上させるために、ユーザーのオペレーティングシステムをその基盤となるデデバイスから抽象化する(切り離す)手法です。クライアント仮想化を使用すると、複数のOSのインスタンスを単一のデバイス上で直接動作させることができます。これらのOSはベアメタルの最上位で互いに干渉することなく動作するため、ホストレイヤとして動作するような完全な機能を持つオペレーティングシステムは必要なくなります。

トップへ戻る ▲

Cloud Architecture (クラウドアーキテクチャー)

クラウドアーキテクチャーとは、クラウドコンピューティングに必要なコンポーネントを指します。これには、フロントエンド プラットフォーム、バックエンド プラットフォーム、クラウドベースの配信、およびネットワークの4つの重要な部分があり、これらを組み合わせて完全なクラウドコンピューティング アーキテクチャを構成します。

トップへ戻る ▲

Cloud Computing (クラウドコンピューティング)

クラウドコンピューティングは、一元化されたデータセンターでコンピューティングサービスをホストし、インターネットを通じてそれらのサービスへのアクセスを提供するテクノロジーです。クラウドコンピューティングは、電気のような公共設備に似ています。つまり、オンデマンドで販売され、任意のボリュームへの拡張/縮小が即座に可能であり、使用した量に基づいて課金されます。サービスへのアクセスに使用されるデバイスを除くサービスのあらゆる側面をサービスプロバイダーが管理するところも似ています。

トップへ戻る ▲

Cloud Management (クラウド管理)

クラウド管理とは、クラウド内に常駐するデータ、アプリケーション、およびその他のサービスを運用およびモニタリングするために必要なテクノロジーとソフトウェアのことです。

トップへ戻る ▲

Cloud Network (クラウドネットワーク)

クラウドネットワークは、プライベート企業ネットワークとクラウドプロバイダーのグローバルネットワークフットプリントを組み合わせたソリューションです。企業は、自社固有のグローバルネットワークフットプリントを維持する必要なしに、世界中のエンドユーザーおよび顧客にサービスを提供することができます。クラウドネットワークは、クラウドコンバージェンスインフラストラクチャの重要なコンポーネントであり、企業がインフラストラクチャをシームレスに拡張してクラウドサービスを利用することを可能する「橋渡し役」として機能します。

トップへ戻る ▲

Cloud Orchestration (クラウドオーケストレーション)

クラウドオーケストレーションは、1つのインターフェイスを通じて、複雑なクラウドワークロードの構成と管理を自動化するプロセスです。このプロセスによりパフォーマンスとスケーラビリティが向上します。

トップへ戻る ▲

Cloud Scalability (クラウドスケーラビリティ)

クラウドスケーラビリティとは、現在のネットワークリソースに基づいて、そのサイズとパフォーマンスを向上するクラウドプラットフォームの能力を指します。

トップへ戻る ▲

Cloud Service Automation (クラウドサービスの自動化)

クラウドサービスの自動化は、ハイブリッドクラウド環境全体でクラウドサービスの導入を自動化するプロセスです。

トップへ戻る ▲

Consumerization of IT (ITのコンシューマライゼーション)

ITのコンシューマライゼーションとは、コンシューマ市場により牽引される新しい情報テクノロジーのトレンドです。これは、大手企業や政府機関組織がコンピューターの利用や開発を長らく支配してきたIT業界において大きな転換となっています。

トップへ戻る ▲

D

Datacenter Automation (データセンターの自動化)

データセンターの自動化とは、データセンター環境の管理を自動化する目的で実装されたテクノロジー、プロセス、および手順のことです。

トップへ戻る ▲

Desktop Management (デスクトップ管理)

デスクトップ管理とは、企業ITサービスやリソースを活用するノートPC、デスクトップ、およびその他のエンドユーザー コンピューティングデバイスの管理とサポートを目的するテクノロジー、プロセス、および手順です。

トップへ戻る ▲

Desktop Virtualization (デスクトップ仮想化)

デスクトップ仮想化とは、データセンターでデスクトップを一元管理して、それをオンデマンドでユーザーに配信するテクノロジーです。デスクトップ仮想化は、企業デスクトップのハードウェアコーディングされたコンポーネント(オペレーティングシステムやユーザープロファイルなど)を切り離し、IT部門がそれらの各インスタンスを管理し、それらを組み合わせてセキュアなデスクトップをユーザーに配信することを可能にします。

トップへ戻る ▲

Desktops-as-a-Service (DaaS)

Desktops-as-a-Service(DaaS)は、サードパーティのホステッドサービスプロバイダーを介してエンドユーザーにオンデマンドで提供されるセキュアなホステッド仮想デスクトップです。一般に、DaaSインフラストラクチャは共有されるため、事実上マルチテナントです。DaaSはVDIと同義として認識されることがありますが、モデルによっては共有OSインフラストラクチャまたは専用VDI環境からホスティングされる場合があります。

トップへ戻る ▲

Disaster Recovery (災害復旧 : DR)

災害復旧とは、自然災害や人為的な災害(火事や地震など)が発生した後にコンピューターの運用を復旧させるための計画および手順です。災害復旧は、障害発生後にクリティカルなビジネスサービスを復旧させることを目的とする事業継続性における1つの形態でもあります。

トップへ戻る ▲

E

Endpoint Security (エンドポイントセキュリティ)

エンドポイントセキュリティとは、アクセスを許可する前に、企業ネットワーク上のデバイスがコンプライアンスの特定の標準を満たすことを必要とするネットワーク保護の方法を指します。

トップへ戻る ▲

Enterprise App Store (企業アップストア)

企業アップストアは、企業の社員のための仮想アプリケーションストアフロントです。ユーザーは、モバイルやデスクトップデバイスから企業アップストアにアクセスし、企業目標を達成するための作業や共同作業に必要なソフトウェアとサービスを自身で選択することができます。

トップへ戻る ▲

Enterprise Mobility (エンタープライズモビリティ)

エンタープライズモビリティとは、オフィスの外で仕事をする社員が増え、企業データへのセキュアアクセスが要求されるという、ビジネス慣行における変化を意味します。エンタープライズモビリティには、仕事にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを使用することや、クラウドサービスへのアクセスが含まれます。

トップへ戻る ▲

Enterprise Mobility Management (エンタープライズモビリティ管理 : EMM)

エンタープライズモビリティ管理(EMM)は、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを使用して仕事を行う社員の管理に焦点を絞ります。EMMは、モバイルデバイスを使用して企業データにアクセスする社員が増加するのに伴い、企業セキュリティを維持するために必要なベストプラクティスまたはテクノロジーを指す場合もあります。

トップへ戻る ▲

F

Flexible Workplace(柔軟なワークプレース)

柔軟なワークプレースは、従来のビジネススケジューリングの枠を超えた広範な作業構造を提供します。柔軟なワークプレースにより、勤務時間または作業時間、勤務日または作業日数、あるいは在宅勤務や遠隔勤務などの作業ロケーションを柔軟に選択できます。

トップへ戻る ▲

G

Global Server Load Balancing (広域負荷分散 : GSLB)

広域負荷分散(GSLB)は、レイヤー4~7の負荷分散機能を地理的に分散されたサーバーファームに世界規模で適用し、サイトレベルの障害発生時に事業継続性を可能にします。

トップへ戻る ▲

H

High Availability (高可用性)

高可用性とは、計画的なダウンタイムまたはシステム障害時におけるコンピューターシステムのリソースの継続的な運用可用性を意味します。

トップへ戻る ▲

Hosted Services Provider (ホステッドサービスプロバイダー)

ホステッドサービスプロバイダーは、エンドユーザーにDaaSをプロビジョニングするビジネスパートナーです。

トップへ戻る ▲

Hosted Workspace (ホステッドワークスペース)

ホステッドワークスペースは、LOB(事業部門)アプリケーションへのアクセス、包括的なユーザーデスクトップ、モバイルデバイス管理、およびファイル同期と共有を含むビジネス対応デスクトップです。

トップへ戻る ▲

Hybrid Cloud (ハイブリッドクラウド)

ハイブリッドクラウドとは、プライベートクラウドとパブリッククラウドサービスの使用を組み合わせたクラウドコンピューティング環境のことです。

トップへ戻る ▲

I

Infrastructure-as-a-Service (IaaS)

Infrastructure-as-a-Service(IaaS)とは、物理または仮想マシンが組織によって外部委託されるプロビジョニングモデルです。Xen®ハイパーバイザーなどのハイパーバイザーのプールが仮想マシンを実行します。これは組織の要件によって拡大または縮小できます。

トップへ戻る ▲

IT-as-a-Service (ITaaS)

IT-as-a-Service(ITaaS)とは、情報技術を商品として配信する方法です。ITaaSモデルでは、IT企業は企業に対する有料サービスとして機能し、そのビジネスを求めて競争しなければなりません。

トップへ戻る ▲

L

Load Balancing (負荷分散)

負荷分散は、同一のアプリケーションコンテンツをホスティングしている複数のサーバー間での着信トラフィックの分散を担当するコアなネットワーキングソリューションです。ロードバランサーを使用してアプリケーション要求の件数を複数のサーバー間で均衡させることにより、特定のアプリケーションサーバーが単一障害点となることを回避し、全体的なアプリケーション可用性と応答性を改善します。

トップへ戻る ▲

M

Mobile Application Management (モバイルアプリケーション管理 : MAM)

モバイルアプリケーション管理(MAM)とは、会社のデバイスまたはBYOデバイス(スマートフォンやタブレット)でアクセスできる、社内で開発された企業モバイルアプリケーションへのアクセスを管理するソフトウェアまたはサービスを指します。

トップへ戻る ▲

Mobile Application Security (モバイル アプリケーション セキュリティ)

モバイル アプリケーション セキュリティ(モバイルアプリセキュリティ)とは、マルウェア、ハッカー、その他の悪意ある攻撃からモバイルデバイスアプリケーション(アプリ)を保護することです。モバイルアプリセキュリティは、モバイルアプリケーション管理(MAM)の主要なコンポーネントであり、アプリを介した攻撃の危険からモバイルデバイスを保護します。

トップへ戻る ▲

Mobile Device Management (モバイルデバイス管理 : MDM)

モバイルデバイス管理(MDM)とは、企業全体に導入されたモバイルデバイス(スマートフォンやタブレッなど)の監視、セキュリティ保護、および管理を担当するトセキュリティソフトウェアを指します。MDMソフトウェアは、企業ネットワーク全体でデータを保護しながら、デバイスの機能を最適化するように設計されています。

トップへ戻る ▲

Mobile Device Security (モバイル デバイス セキュリティ)

モバイル デバイス セキュリティとは、企業全体に導入されたモバイルデバイスの保護を意味します。モバイル デバイス セキュリティは、オンプレミスで利用可能なものと同じ保護とポリシー制御をBYO(スマートフォンやタブレット)でも利用できるように設計されています。

トップへ戻る ▲

Mobile Web Application (モバイルWebアプリケーション)

モバイルWebアプリケーションは、Webとタッチ対応の機能を組み合わせたモバイルアプリケーション(アプリ)です。モバイルWebアプリケーションはWebべースであるためデバイスの互換性が向上しますが、ネイティブアプリの感覚で使用できます。

トップへ戻る ▲

Mobile Workspace (モバイルワークスペース)

モバイルワークスペーステクノロジーは、あらゆるデバイス上のあらゆるユーザーに、あらゆるネットワークを介してアプリ、デスクトップ、ファイル、およびサービスを安全かつシームレスに配信することにより、モバイルワークフォースの必要性に対応しています。

トップへ戻る ▲

N

Network Functions Virtualization (ネットワーク機能の仮想化 : NFV)

ネットワーク機能の仮想化(NFV)とは、ネットワーク機能の導入に必要なハードウェア、電力、スペースの量を削減することを目的としたイニシアチブのことです。この概念は、仮想マシンによってネットワーク機能を仮想化するように設計されており、ルーター、ファイヤウォール、負荷分散など、これまでネットワーク機能に必要とされたハードウェアの量が削減できます。

トップへ戻る ▲

Network Virtualization (ネットワーク仮想化)

ネットワーク仮想化とは、ひとまとまりの通信グループにリンクされる複数のリソースから構成されるネットワーク。仮想ネットワークを使用することで、大規模なネットワークの一部として物理リソースを細かく分割できるほか、1台のノートPCで動作している複数の仮想マシンが、そのノートPC自体がネットワークに接続しているかどうかに関係なく相互通信が行えます。

トップへ戻る ▲

O

Online Collaboration (オンラインコラボレーション)

コラボレーションは、インターネット上のユーザーが、即時対面によるオンラインビデオ会議や画面共有によってチームメンバー間の物理的な距離の問題を解消し、リアルタイムで共同作業する場合に発生します。

トップへ戻る ▲

Open-Source Virtualization (オープンソース仮想化)

オープンソース仮想化とは、オープンソースソフトウェアとして利用できる仮想化テクノロジーのことです。例としては、xenproject.orgが提供するXen ProjectTMハイパーバイザーが挙げられます。

トップへ戻る ▲

P

PCI-DSS Compliance (PCI-DSSコンプライアンス)

PCIデータセキュリティスタンダード(Payment Card Industry Data Security Standard:PCI-DSS)コンプライアンスとは、クレジットカードの不正利用を減らすために、カード所有者のデータ関連の制御を強化することを目的に作成されたポリシーと手順です。

トップへ戻る ▲

R

Remote Access (リモートアクセス)

リモートアクセスは、本社以外の場所またはデータセンターに最も近い場所以外からITサービス、アプリケーション、またはデータに接続する行為です。

トップへ戻る ▲

Remote Desktop (リモートデスクトップ)

リモートデスクトップは、ユーザーの物理的な位置以外のどこかで実行されている、ユーザーを対象としたコンピューティング環境です。

トップへ戻る ▲

S

Secure Access Gateway (セキュア アクセス ゲートウェイ)

セキュア アクセス ゲートウェイは、セキュアなリンクを介してエージェンシーネットワークへのリモートアクセスを提供します。

トップへ戻る ▲

Server Virtualization (サーバー仮想化)

サーバー仮想化は、ミドルウェアレイヤーを使用して、サーバークラスのOSを、従来のインストール場所であったハードウェアから分離する行為です。これにより、サーバーハードウェアを容量の単一プールとして活用することで、仮想マシンとして動作しているサーバーのオペレーティングシステムの任意のインスタンスをプール内の任意の場所でホスティングできるようになります。

トップへ戻る ▲

Session Virtualization (セッション仮想化)

セッション仮想化では、アプリケーションのストリーミングを使用してデータセンター内のホスティングサーバーにアプリケーションを配信します。ユーザーが、アプリケーションの配信先のサーバーに接続すると、アプリケーションは完全にサーバー上で実行されます。ユーザーがマウスクリックやキー入力をサーバーに送信すると、サーバーは画面更新をユーザーのデバイスに送信することで応答します。ユーザーはこのようにしてアプリケーションとリモートでやり取りします。

トップへ戻る ▲

Software Defined Networking (SDN)

Software defined networking(SDN)は、ネットワーキングアーキテクチャへのアプローチの1つです。この方法では、ネットワーク制御は転送機能から分離されます。ネットワークインテリジェンスは一元化され、それによってネットワークのグローバルビューが作成されます。

トップへ戻る ▲

Software-as-a-Service (SaaS)

Software-as-a-service(SaaS)は、Webブラウザを使用するユーザーに対するサブスクリプションベースのサービスとして提供されるWebベースのアプリケーションを意味します。また、SaaSは、Webフロントエンドを持たず、リモートで呼び出されるAPI(アプリケーションプログラムインターフェース)のみを持つか、または対話が可能なプラグインやインストール可能なコンポーネントを持つホステッドアプリケーションを指します。

トップへ戻る ▲

Software-Defined WAN (SD-WAN)

Software-Defined Networking (SDN)は、企業の広域ネットワーク(WAN)のためのアプリケーションです。Software-Defined Networking (SDN)は、SDNの柔軟性と俊敏性を利用しながら、物理デバイスからアプリケーション自体へのトラフィックの管理とモニタリングの抽出を目的としています。

トップへ戻る ▲

SSL VPN

仮想プライベートネットワーク(VPN)は、主にパブリックインフラストラクチャ(インターネットなど)を通じてネットワークを相互接続するプライベート通信チャネルです。SSL仮想プライベートネットワーク(Secure Sockets Layer Virtual Private Network:SSL VPN)は、セキュアソケットレイヤー トンネリング プロトコルを使用してセキュリティと暗号化通信を提供します。

トップへ戻る ▲

T

Telework (テレワーク)

テレワークとは、社員が職務遂行のためにITや電気通信(電話、インターネット電話会議、メール、インスタントメッセージングなど)を使用して、自宅やその他の遠隔地で仕事をすることを許容する取り決めのことです。

トップへ戻る ▲

V

Virtual Appliance (仮想アプライアンス)

仮想アプライアンス(VA)とは、アプリケーションの配信を簡素化するために使用する仮想マシン(VM)イメージファイルです。仮想アプライアンスは、事前構成されたOS環境と1つのアプリケーションで構成されます。

トップへ戻る ▲

Virtual Data Room (仮想データルーム)

仮想データルームは、アクセスを制限するために厳密に制御されるデジタルデータリポジトリです。仮想データルームを使用することで、企業は機密情報を漏らすことなく、大量のデータをすばやく簡単に共有および交換することができます。

トップへ戻る ▲

Virtual Desktop (仮想デスクトップ)

仮想デスクトップは、特定のユーザーが仮想マシンとしてするか、またはクライアントサーバー環境内でのセッションとして使用するためにプロビジョニングされた単独のデスクトップクラス環境を指す場合があります。

トップへ戻る ▲

Virtual Desktop Infrastructure (仮想デスクトップインフラストラクチャー : VDI)

仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)とは、仮想マシン(VM)内でデスクトップOSのホスティング専用のIT環境の一部を指します。これらの仮想マシンは、ホステッドサーバー、中央で一元管理されたサーバー、リモートサーバー、またはサーバー上で動作できます。

トップへ戻る ▲

Virtual Laptop (仮想ノートPC)

仮想ノートPCは、デスクトップ仮想化の利点を利用して、管理可能で信頼性の高い安全な仮想アプライアンスを実現するノートPCデバイスです。

トップへ戻る ▲

Virtual Machine (仮想マシン : VM)

仮想マシンは、OSが動作する物理マシン環境から抽象化されたオペレーティングシステム環境。仮想マシンは、中間ソフトウェアレイヤを使用することによって、任意の物理ハードウェア上で動作できます。仮想マシンの例として、仮想デスクトップ、仮想サーバー、仮想アプライアンスが挙げられます。

トップへ戻る ▲

Virtual Network Architecture (仮想ネットワークアーキテクチャー)

仮想ネットワークアーキテクチャとは、あらゆるワークロードに適応して拡大/縮小できるネットワークインフラストラクチャのことです。仮想ネットワークアーキテクチャでは、ネットワーク仮想化とクラウドコンピューティングを統合して、どこからでもデータセンターに接続できるオープンな仮想化ソリューションを作成します。

トップへ戻る ▲

Virtual Workforce (仮想ワークフォース)

仮想ワークフォースとは、物理的または地理的なロケーションによって拘束されないワークフォースのことです。仮想ワークフォースでは、ITや電気通信(電話、インターネット、電話会議、メール、インスタントメッセージングなど)を使用して、自宅や遠隔地で仕事をすることができます。

トップへ戻る ▲

Virtualization (デスクトップ仮想化)

仮想化とは、特定の環境から物理的なITインフラストラクチャーのあらゆる機能を抽象化する手法です。抽象化された個々の機能(アプリケーション、デスクトップ、サーバー、ネットワークなど)は、ホスティングすることが可能となります。これにより、管理、制御、柔軟性、セキュリティ、サービスインフラストラクチャー全体の使用率を改善することができます。

トップへ戻る ▲

W

WAN Optimization (WAN最適化)

WAN高速化としても知られるWAN最適化は、広域ネットワーク(WAN)でのデータ転送の効率性を改善するために使用される手法を集めたものです。WAN最適化を達成するために使用される手法には、重複除外、圧縮、レイテンシ最適化、キャッシング、前方誤り訂正、プロトコルスプーフィング、トラフィックシェーピング、均等化、接続制限、サービスレベルの帯域制限などがあります。

トップへ戻る ▲

White label hosting reseller (ホワイトラベルホスティングリセラー)

DaaSのホワイトラベルホスティングリセラーは、付加価値再販業者のエコシステムを経由して汎用Desktop as a Service(DaaS)を提供する再販業者です。構築済みの実証されたパートナープラットフォームを提供することで、市場投入までの最短ルートとビジネスを簡単に拡大できるルートをビジネスチャネルパートナーにもたらします。下流の再販業者およびサービスプロバイダーは、一意のブランド、バンドルされたサービス、直接的なカスタマーサポートを追加することで価値を付加します。

トップへ戻る ▲

Windows XP Migration (Windows XPの移行)

Windows XPの移行とは、コンピューターのOSをWindows XPからWindows 7またはWindows 8に移行するプロセスのことです。Microsoftは、2014年4月8日をもって、Windows XPのサポートを終了しています。つまり、企業のIT部門は、Microsoftによるセキュリティアップデートやその他の必要なサポートを受けられなくなるため、インフラストラクチャをより新しいプラットフォームにアップグレードする必要があります。

トップへ戻る ▲

Workshifting (ワークシフティング)

ワークシフトは、柔軟な就労形態であり、社員は任意のデバイスを使用していつでもどこでも仕事をすることができます。

トップへ戻る ▲

X

Xen

Xen Project™ハイパーバイザーは、従来のインストール型のOSに取って代わるソフトウェアであり、コンピュータのハードウェア上で直接稼働するため、複数のゲストOSを同時に実行できます。x86。Xen Project™ハイパーバイザーは、x86-64、Itanium、Power PCおよびARMの各プロセッサをサポートしているため、広範な種類のコンピューティングデバイスで動作します。現在、Linux、NetBSD、FreeBSD、Solaris、Windowsなどの一般的なOSもゲストOSとしてサポートされています。Xenハイパーバイザーは、Xen.orgコミュニティによって開発および保守が行われている無償のソリューションであり、GNU General Public Licenseに基づいてライセンス付与されます。

トップへ戻る ▲