SD-WANとは

Software-Defined WAN(SD-WAN)とは、Software-Defined Networking(SDN)の概念をワイドエリアネットワーク(WAN)接続に適用したものです。ネットワークハードウェアに含まれているトラフィック管理機能や監視機能を抽象化し、それらの機能を個々のアプリケーションに適用することで、アプリケーション性能を向上させ、地理的に分散している場所で高品位のユーザーエクスペリエンスを提供できるようにするほか、ワイドエリアネットワークやクラウドアクセスネットワークの導入が簡単に行えるようにします。

SD-WANの機能

現代の企業はWANを使用することで、増加し続けるビジネスクリティカルなアプリケーション(仮想デスクトップ、VoIP、ビデオ会議プラットフォーム、ERPおよびCRMシステム、およびその他の企業アプリケーションやクラウドアプリケーションなど)を配信しています。このようなアプリケーションはしばしば、帯域幅を大量に消費するほか、高度な通信品質や信頼性を要求します。アプリケーションの速度が数秒でも低下すれば、従業員は不満を感じ、生産性は低下します。

WANの制約に対して性能や信頼性で不満があった場合、従来はネットワーク回線の契約をより帯域幅の広いものにアップグレードするしかありませんでした。しかしこの方法はコスト効率が悪く、ミッションクリティカルなアプリケーションを優先することができません。また、アプリケーションやデータはパブリッククラウドやプライベートクラウドに配置されることが最近ますます多くなっていますが、このようなアプリケーションやデータ環境の変化にも対応できていません。

SD-WAN技術は、複数のMPLS回線、モバイル回線、ブロードバンドの各径路を1つにバインドするハイブリッドWANアーキテクチャを作成することで、ネットワークの状態に動的に適応できる単一の論理仮想ネットワーク経路を提供します。また、同技術は、非常にきめ細かなアプリケーション分類を使用した各アプリケーションに関する優先順位付けの決定を行うことで、最も優先度の高いアプリケーションが常時最良の性能を発揮することを保証します。WAN最適化に代わる次世代の選択肢として、SD-WAN技術は、進化し続けるアプリケーションやブランチのインフラストラクチャの要件に対処します。

SD-WANのメリット

SD-WANソリューションには、次に示すような、現代のエンタープライズネットワークの需要を満たす多くのメリットがあります。

  • 遠隔地や支店の従業員に高いアプリケーションパフォーマンスとサービス品質を提供
  • 低価格のブロードバンド接続やモバイル接続を利用した、WANコストの削減と通信帯域幅の拡大
  • ミッションクリティカルなアプリケーションを他のネットワークトラフィックよりも優先処理できる柔軟性
  • ビジネス継続性および災害復旧機能の改善により、複数のネットワーク障害が発生した場合でも接続を維持
  • クラウドにアプリケーションやデータを移行する際のWAN全体の接続セキュリティの向上
  • 支店ネットワーク管理をシンプルに - 複数のサービスを統合したWANのエッジアプライアンスのポリシー設定や運用を本社から集中管理

SD-WAN製品市場

ビジネスニーズの変化に伴い、ネットワークは日々進化しています。従来型のWANには、今日必要とされる柔軟性、レスポンス、セキュリティ、制御などが設計されていません。SD-WAN技術は、このような課題に対応する効果的で経済的なソリューションです。SD-WAN製品の市場は急速に成長しており、大規模なネットワーク事業者、注目のWAN専門メーカー、そして新興のベンチャー企業が様々な製品を提供しています。SD-WAN市場の価値は、2020年には60億ドルを超えると見込まれています。

Citrix NetScaler SD-WANの詳細

NetScaler SD-WANは、支店およびモバイルユーザーのアプリケーションエクスペリエンスと、WANのスループット、信頼性を向上させます。

関連用語: Software-Defined Networking (SDN)拠点間ネットワーキングビジネス継続性WANエッジ

その他のSD-WAN関係の教育リソース:

用語集に戻る