さまざまな理由による中断の発生時にも事業継続性を確保

さまざまな理由による中断を避けることはできませんが、中断によって事業のスピードが低下するとは限りません。ITサービス継続性やワークフォースリカバリーを含む適切に設計された事業継続計画により、事業の運営に携わる人々は生産性を維持することができます。また、IT部門の支援により、財務上の損失、評判の失墜、生産性の低下、顧客およびパートナーとの関係の弱体化を防ぐこともできます。

事業継続性の主な使用事例を見る

悪天候や交通障害でオフィスにたどり着けない場合でも、業務を遂行する必要があります。場所やデバイスに制限されない企業アプリケーションとデータへのセキュアアクセスを提供することで、IT部門は中断が発生しても業務を通常どおり継続できるようにしています。

災害によってダウンタイムが発生するとは限りません。また、サーバー障害や停電によってデータセンター全体が危うくなるとは限りません。IT災害復旧計画を作成することで、ネットワーク接続やデバイスを介したトラフィックの可用性とパフォーマンスを、中断時だけでなく常に保証することができます。

セキュリティチーム、専門家、さらには政府介入による広範な努力にもかかわらず、サイバー脅威やセキュリティ違反は増加の一途をたどっています。

アプリケーション層やゼロデイのすべての脅威を含む既知および未知の攻撃から、WebアプリケーションとWebサイトを保護することは不可欠です。また、リアルタイムの分析により、管理者がインフラストラクチャ全体でアプリケーションのパフォーマンスやセキュリティ上の問題を特定し、対応するための支援を行います。

事業継続性のためのリソースとベストプラクティス