新しいITセキュリティアーキテクチャの必要性

シトリックスとPonemon Instituteによる世界的な研究

私たちの業界全体で絶え間なく発生しているサイバー攻撃には、十分な対応がとられていません。その理由を見極めるために、シトリックスはPonemon Instituteとチームを組み、企業がセキュリティ問題に適切に対処するのを妨げているものは何か調べることにしました。以下に調査内容をまとめました。また、脅威が増加する中で、最も大切な情報を保護するためにとるべき賢明な手順についても記述しています。

パート3:ワークプレイスにおけるコンプライアンスの課題とセキュリティの有効性

レポートの内容:

  • ワークプレイスにおけるセキュリティの有効性の傾向
  • 一般データ保護規則(GDPR)によるコンプライアンスに関する懸案事項
  • ワークプレイスにおける世代間の違いによるリスク

パート2:旧世代のテクノロジーによるリスク

レポートの内容:

  • 新しいITセキュリティフレームワーク設計時の留意事項
  • 攻撃を受けやすい組織にしてしまう重大要素
  • 時代遅れのセキュリティ技術がいかにビジネスを危険にさらすのか

パート1:新しいITセキュリティアーキテクチャの必要性

レポートの内容:

  • ITセキュリティにおける世界的な傾向
  • 知っておくべきセキュリティリスク
  • サイバー犯罪への対処、問題を引き起こす技術、組織的要因

回答者の69パーセントが、自分の組織で現在利用しているセキュリティソリューションには時代遅れで不十分な点があると考えています。

4,268
人の14か国のITおよびITセキュリティの専門家に調査を実施

次のステップ

ビジネスの安全性を確保する包括的な統合型の方法によって複雑さを軽減