アプリケーションのハイブリッドクラウドへの移行

多くの企業・官公庁が、自社のアプリケーションをクラウドへ移行する際に、ハイブリッドアプローチを採用しています。このアプローチでは、既存のアプリケーションのうち一部はクラウド内に配置され、それ以外はオンプレミスに残されることになります。また、より新しいアプリケーションはSaaSアプリケーションとして供給されるか、またはクラウド内で開発されます。

このような状況では、アプリケーションの可用性、パフォーマンス、セキュリティを確保することが難しくなります。この課題を解決するために、Citrix NetScalerは、ハイブリッドクラウドデリバリーに関してアプリケーション導入環境を簡素化するアプリケーションデリバリーソリューションを提供します。

ADCの見直し:ハイブリッド/マルチクラウドにおけるアプリケーション配信の管理

詳細を見る

クラウド内とオンプレミスの両方にアプリケーションを配置することは、複数の監視ツールを操作せざるを得ないことを意味します。ユーザーの問題に対処しようとする際に、これら複数の環境を通じて使用状況のデータと性能データを相互に関連付けることは、多くのコストがかる面倒な仕事になります。

NetScaler Management and Analytics システム(MAS)は、クラウドおよびオンプレミスに置かれているアプリケーションの両者に関する包括的なアプリケーション中心のビューをリアルタイムに提供します。

お客様は、クラウドプロバイダーがサポートしているリソースや同プロバイダーが提供するツールのインフラストラクチャによって制限されることなく、各自のニーズに最も適したクラウドを選択する必要があります。

NetScalerは、あらゆるクラウドまたはオンプレミスに導入可能なソフトウェアファースト型のプラットフォームです。プールされたキャパシティ共有機能を使用することで、お客様はADCとキャパシティを、それらを最も必要としている場所に導入できます。

多くの企業や組織がマルチクラウド戦略を実装することで、コストを管理し、機能停止やフォールトトレランスに関する懸念に対処しています。

クラウド内でサーバーの障害が発生した場合、NetScaler ADCはフェイルオーバーを実施することで、障害が発生したサーバー上のワークロードを任意の別のクラウドプロバイダーまたはオンプレミスへと移動させます。

クラウド内のアプリケーションへの接続は、そのクラウドへの信頼できる接続を保持することに依存しています。支店にいるユーザーにとって、このことはより重要となります。

NetScaler SD-WANを使うと、インターネットリンクを別のネットワーク回線(DSL、衛星、LTEなど)とボンディングすることで、ネットワークリンクの信頼性を改善できます。これにより、一貫性のあるユーザーエクスペリエンスを提供できるようになります。

SaaSアプリケーションの数が増えると、Web経由で使用される企業支給のユーザーIDおよびパスワードの数を減らすことが必要となってきます。

NetScaler Unified Gatewayを使うと、SaaSアプリケーションを含むあらゆる企業アプリケーションでシングルサインオン(SSO)機能を実現できます。

関連製品

NetScaler ADC

  • アプリケーションが確実にすべての拠点に配信されるようにする
  • フェイルオーバー時にユーザーを自動かつ透過的にセカンダリクラウドへとリダイレクト
  • 主要アプリケーションとサービスの高可用性を確保
  • 企業・官公庁がクラウドのリソースをバックアップデータセンターとして利用できるようにする

NetScaler SD-WAN

  • 複数のWANリンクを結合して単一の安全な論理パスを作成
  • 支店やデータセンターからクラウドへのネットワークリンクやインターネットリンクにおけるフォールトトレランスを改善

NetScaler Management and Analytics System

  • 任意のクラウドに導入されているアプリケーションに関するアプリケーション中心の可視性と分析を提供 
  • パブリッククラウドとオンプレミスサイト間でアプリケーションデリバリーサービスを自動化 
  • マルチクラウド環境でアプリケーションの高可用性をサポート

ビデオ

Webセミナー:ハイブリッドクラウド環境でサービスデリバリーを自動化する場合の主な要件

お客様のクラウド移行プロセスにおいてアプリケーション配信のニーズに対応する方法を紹介しています。

解説

eBook「デジタル変革時代に適したADCを選択するための徹底ガイド」を入手する

導入事例

ADCに関するその他の資料

その他のビデオやホワイトペーパーなどを紹介します。