クラウドコンピューティングがもたらすビジネスメリットのトップ6

クラウドファースト型のデジタルワークスペースがもたらすメリットは?

かつて私達は自分専用の物理デバイス上で仕事をしており、当時は自分のアプリケーション、データ、ログイン情報などはすべて単一の空間に含まれていました。しかし今日では、それらのものが物理デバイスからクラウドへと移動しています。クラウドサービスの採用が高まった結果、私達はデスクトップをインターネットブラウザと交換し、安全なデジタルワークスペースプラットフォームへの移行を実現しています。今日の「どこでも仕事ができる」という文化を創造した立役者は、Software-as-a-Service(SaaS)アプリケーションです。SaaSアプリケーションを使うことで、私達はあらゆるデバイスを通じて安全にアクセスできるようになりました。

従業員がより多くのクラウドサービスを利用し続けるにつれ、ITシステムは次第に安全なデジタルワークスペースプラットフォームへと進化しつつあります。同プラットフォームは、SaaS、Web、ローカルアプリケーションがどのように保護されユーザーに提示されるかに関する簡潔な洞察をIT部門に提供する一方で、ユーザーに対してはよりパーソナライズされたワークエクスペリエンスを提供します。

このキットを使うと次のことが行えます。

  • クラウドファースト型のワークスペースを使用すると、単一のコンソールを通じて、アプリケーション、デスクトップ、データ、ネットワークをいかに容易に統合できるかを確認できます。
  • SaaSまたはハイブリッドサブスクリプションモデルがもたらす総合的な経済上のメリットを、永続的ライセンスソフトウェアの場合と比較して調べることができます。
  • デジタルワークスペースの進化について理解し、将来に備える方法を学習できます。

より詳細な情報に興味がある場合は、Citrixクラウドベネフィットキットをご覧ください。このキットにより、クラウドへの移行が貴社のビジネスにとっていかに役立つかをご自身の目ではっきりとご確認いただけます。