モバイルビジネス向けに設計されたセキュアなファイル共有と同期

Citrix Content Collaborationの概要

組織内外でのコラボレーションを容易に

モバイルユーザー向けにビジネスクラスのデータセキュリティを可能にしながら、総合的なITコントロールを維持します。チームまたはクライアントは、どこからでも、どのデバイスでもファイルのアクセス、同期、およびセキュアな共有を行うことができます。フィードバックおよび承認の各ワークフローを自動化して、ビジネスを合理化し、生産性を最大限に高めます。

個人、SMB向けのShareFileをお探しですか?

詳細情報

Citrix Content Collaborationの主なユースケースを見る

その他のユースケース 

アプリケーションとデスクトップの仮想化によって、ユーザーはどこで作業していても、自由にアプリケーションとデータにアクセスすることができるようになります。そのため、どのデバイスを使用していても、ファイルのアクセス、同期、共有は、安全かつ簡単に行うことができなければなりません。未承認の個人向けファイル共有サービスのシャドーIT利用は、重大なセキュリティリスクをもたらし、コンプライアンスを根底から揺るがすことになります。

Citrix Content Collaborationは、完全なモバイルワークスペースの一部としてアプリケーションとデスクトップの仮想化を補完し、仮想化環境におけるストレージコストの削減とファイル同期のパフォーマンス向上を可能にします。IT部門は、エンタープライズグレードのサービスにコンシューマー向けサービスのような使いやすさと高度なビジネス機能を提供することで、採用を促進することができます。

モバイルデバイスと私物デバイスの業務利用(BYOD)ポリシーにより、これまでにない俊敏性が企業にもたらされ、ユーザーはコラボレーション、情報へのアクセス、重要な作業をいつでも、ほぼどこからでも行うことができます。ただし、モバイルの俊敏性には、従業員による個人向け共有アプリケーションの使用や重要な企業データに対するセキュリティ違反など、これまでにないセキュリティ上の課題も伴います。今日のモバイルワークフォースの成功は、どこにいても、どのデバイスからでも安全にファイルにアクセスできるかどうかにかかっています。

Citrix Content Collaborationは、企業のBYODに対する要求を満たすために十分な柔軟性を備えたセキュアなファイル同期および共有ソリューションを提供します。従業員は、オフィスにいようと遠隔地にいようと、任意のデバイスを使用して必要なものすべてにアクセスできる俊敏性を確保できます。一方、IT部門は、企業のセキュリティポリシーを引き続き維持することができます。

Citrix Content Collaborationは、数多くの戦略的な統合を通じて、お客様の実装環境を補完し、ユーザーに追加機能を提供します。MicrosoftやSalesforceといったサードパーティベンダーのエコシステムから選択して、アプリケーション内でCitrix Content Collaborationのドキュメントやデータに直接アクセスできるようになるため、追加のログインは不要です。ユーザーは、ドキュメントの移行やコピーを行う必要なしに、ドキュメントの作成、コラボレーション、共有を行うことができます。

また、Citrix Content CollaborationをCitrix Endpoint Managementと統合すると、従業員は任意のデバイスを使用してファイルへのアクセス、ファイルの同期、および社内外の人たちとのセキュアなファイル共有を行えるようになります。Citrix Endpoint Managementは、モバイルデバイス管理(MDM)、モバイルアプリケーション管理(MAM)、および企業規模の生産性アプリケーションを単一の包括的なソリューションとして提供します。Citrix Content CollaborationはCitrix Endpoint Management Enterpriseライセンスに含まれていますが、スタンドアロンのセキュアなエンタープライズファイル同期および共有(EFSS)ソリューションとしても入手可能です。

Citrix Content Collaborationを選ぶ理由

シトリックスは、2018 Gartner Magic Quadrantで、コンテンツコラボレーションプラットフォーム分野のリーダーに選ばれています。

Forrester、シトリックスをクラウドソリューションにおけるEFSS分野のリーダーとして選定

Forrester、シトリックスをハイブリッドクラウド管理ソリューション分野のリーダーとして認定

クラウドへの安全な移行を促進

お客様のビジネスに合わせて最適な移行ができるように、CitrixとMicrosoftが共に実現するクラウド環境をご紹介します。

イベントをオンデマンドで見る

当社の戦略的パートナーシップ

Microsoft Azure 環境のStorageZoneは、企業データをMicrosoftがホスティングしているデータセンターと、オンプレミスの環境にセキュアに保存することができます。世界各地にあるMicrosoft Azure のデータセンターを活用して、IT部門は、地理的にユーザーに近いさまざまな場所にデータを置き、快適なパフォーマンスを提供したり、コンプライアンス要件に対応したりすることができます。

CitrixとMicrosoft

StorageZoneを使用すると、AWSがホスティングするデータセンターのAmazon S3サービスやオンプレミス環境にデータを保存できます。顧客が自己管理する構成では、自分のデータと暗号鍵の所有権を維持しながら、クラウドの弾力性と柔軟性から恩恵を得ることができます。

シトリックスとAmazon AWS

Red Hat Ceph Storageは、ブロック、オブジェクト、およびファイルストレージを単一プラットフォームに統合することで、あらゆるデータを効率的かつ自動的に管理します。Red Hat Ceph StorageとCitrix Content Collaborationを組み合わせて使用すると、ペタバイト規模に拡大したとしても、低オーバーヘッドで対応することができます。

シトリックスとRed Hat

次のステップ

Citrix Content Collaborationが競合製品よりも優れいている点を見る

Citrix Content Collaborationを無料で試す