Citrix Hypervisor 機能マトリックス


製品のエディションおよびリリースの種類ごとのCitrix Hypervisorの機能の詳細は、以下のセクションを参照してください。

アプリケーションとデスクトップ ハイパーバイザーの包括的な管理プラットフォーム

Citrix Hypervisorは、Citrix Virtual Apps and Desktopsワークロード用に最高レベルで最適化されたハイパーバイザー プラットフォームです。Citrix Hypervisorは、スタック全体で緊密に統合され、ハードウェアレベルの機能を提供し、高品位のユーザーエクスペリエンス、セキュリティの強化、操作管理の簡素化を実現します。包括的な企業規模の機能とパフォーマンスを備えたCitrix Hypervisorは、さまざまなワークロード タイプ、オペレーティングシステムの混在、複雑なストレージやネットワーク要件に容易に対応し、最も要求の厳しいビジネスユースケースに対応します。 

Citrix Virtual Apps and Desktopsのお客様(すべてのエディション)は、Citrix Hypervisor Premium Editionを入手できます。

内容 説明  エディション リリース
Express Standard Premium CR LTSR
64-bit ハイパーバイザー すべてのワークロードが実行されるXenプロジェクト ハイパーバイザー。
64-bit コントロールドメイン 64ビットのコントロールドメインは、ホスト上で実行されているリソースとワークロードのプールを管理します。
ハードウェアの互換性
(HCL) サポートリスト
CitrixはハードウェアOEMを積極的に協力し、一般的に使用されるすべてのハードウェアタイプがCitrix Hypervisorによってテストされ、サポートされていることを確認しています。サポートされているハードウェアのHCLは、以下を参照してください。http://www.citrix.com/Citrix Hypervisor/hcl
内容 説明  エディション リリース
Express Standard Premium CR LTSR
XenCenter GUIによるマルチサーバー管理 XenCenter GUIはWindowsベースのインターフェイスで、ホストとリソースプール(ホストの集合体)をスケーラブルな方法で簡単に管理できます。
Active Directoryの統合 サーバーまたはプールで複数のユーザーアカウントをサポートするには、Microsoft Active Directoryサービスを使用して認証します。これにより、Citrix Hypervisorユーザーは、Windowsドメイン資格情報を使用してCitrix Hypervisorホストのプールにログインできるようになります。  
ロールベースの管理と制御(RBAC:Role-Based Administration and Control) RBACを使用すると、Citrix Hypervisorホストにアクセスできるユーザー、役割、および権限を割り当てることができます。Citrix Hypervisor RBACは、個々のユーザーまたはユーザーグループを定義しマッピングします。これにより、Citrix Hypervisor権限が関連付けられます。  
Citrix Hypervisor vApps vAppsでは、複数のVMをグループ化し、起動、シャットダウン、HAおよびリカバリ順序ポリシーの設定をすべてvAppレベルで行うことができます。
Dynamic Memory Control(DMC) DMCは、ゲストVMのオペレーティングシステムが使用できるメモリ容量を自動的に調整します。メモリの最小値と最大値を指定することで、ホストサーバーあたりのVMの密度を高めることができます。  
パフォーマンスレポートとアラート XenCenterは、計算、メモリ、ネットワーク、およびディスクのメトリックについて、VMワークロードとホスト インフラストラクチャのパフォーマンスを監視する機能を提供します。管理アラートも定義できます。
ライブメモリVM
スナップショットと復元
Citrix Hypervisorは、Microsoft WindowsのVolume Shadow Copy Service(VSS)を利用して、アプリケーションと整合性のある(休止)特定の時点でのスナップショットを生成することで、VMストレージ、メモリ、およびメタデータのスナップショットを同時に作成できるメカニズムを提供します。
ライブVMマイグレーション リソースプール内の2つの異なるホスト間でVM計算ワークロードをライブマイグレーションすることにより、管理者はインフラストラクチャ全体の負荷分散を手動で管理し、計画的なインフラストラクチャのダウンタイムによる停止を回避できます。
異機種間のリソースプール 既存のリソースプールを拡張する場合、まったく同じハードウェアまたはCPUを取得できるとは限りません。この機能により、新しいホストとCPUバージョンを既存のプールに追加できるようになり、ライブマイグレーションなどのVMレベルのすべての機能がサポートされます。
ライブパッチ ライブパッチ機能により、インフラ管理者は、ホストからVMを移行したり、VMをシャットダウンまたはサスペンドしたりすることなく、Citrix Hypervisorハイパーバイザーにパッチを適用できます。    
XenCenterから自動アップデート Citrix Hypervisorインフラストラクチャのホットフィックスは、コマンドラインまたはXenCenterから展開でき、必要なホットフィックスをバッチで自動的にダウンロードして、ハイパーバイザー プラットフォームの管理をさらに簡素化します。    
スケジュール化されたスナップショット スケジュール化されたスナップショットを使用すると、管理者は1つのVMまたはVMグループに対して、1時間ごと、1日ごと、または1週間ごとのスナップショットをスケジュールできます。また、スケジュールされたスナップショットの最大数を変更することもできます。スケジュール化されたスナップショットでは、最も古いスナップショットがローリング方式で削除され、スナップショット管理のライフサイクルをサポートします。  
ヘルスチェック インフラストラクチャのステータスがシトリックスに自動的にアップロードされるため、IT管理者はレポートを実行して、インフラストラクチャの状態、およびアップデートが必要かどうか、設定ミスかどうかを判断できます。
PVドライバ アップデート
Windows Update(WSUS)を介したCitrix HypervisorのWindows VMドライバの自動配信とパッチ適用により、大規模なVM導入の管理が大幅に簡素化されます。    
Citrix Hypervisor Conversion Manager 別途ダウンロード可能な補足パックとして、IT管理者はVMware vSphereインフラストラクチャからCitrix HypervisorにVMをバッチ移行できます。WindowsおよびLinuxオペレーティングシステムは、最小限の手順と労力で移行できます。    
動的ワークロード分散 & 監査レポーティング(WLB) WLBは、システム管理者にシステムのパフォーマンスに関する詳細な情報を提供し、インフラストラクチャの最適化、ホストの電源管理、および監査レポート作成を可能にします。    
プール リソース リストのエクスポート これにより、XenCenterのインフラストラクチャ ビュー内のすべてのオブジェクトをスプレッドシートにエクスポートできます。    
Dockerコンテナ管理 この機能により、インフラストラクチャ管理者はLinuxまたはWindowsベースのDocker実装を利用して環境を監視および管理できるようになります。 
ローリング プール アップグレード(PRU:Rolling Pool Upgrade) Citrix Hypervisorホストをアップグレードする際のダウンタイムを排除するXenCenterの機能。RPUはプール内のすべてのホストに自律的にパッチを適用し、必要に応じてライブマイグレーションによってVMを退避および再配置します。  
最大プールサイズ Citrix Hypervisorは、最大64ホストのプールサイズをサポートしています。ライセンスのないCitrix Hypervisorのコピーは、プールあたり3つのホストに制限されます。    
Microsoft Windows Server2019ゲストサポート* Microsoftの最新のサーバーオペレーティングシステムを使用したVMの実行をサポートします。
Windows VMのUEFIブート* 新しく作成された64ビットWindows10、Windows Server2016、および2019VMでのUEFIブートのサポートをします。UEFIブートは、ゲストオペレーティングシステムがハードウェアと対話するための豊富なインターフェイスを提供し、Windows VMのブート時間を大幅に短縮します。    

* 最新リリースの新機能またはアップデートされた機能
テックプレビューとして利用可能

内容 説明 エディション リリース
Express Standard Premium CR LTSR
基本的なネットワーク セキュリティ グループ OVSネットワークで利用できるセキュリティグループは、主にAccelerite CloudPlatformなどのクラウド管理製品で使用されるテナント分離の方法です。
オープン仮想スイッチ(OVS:Open Virtual Switch ) OVSネットワークをコントローラー アプライアンスと組み合わせて使用する場合、OpenFlowおよびsFlowに基づいて統計情報を収集することができるプログラム可能なネットワーク規格です。
分散仮想スイッチコントローラー(DVSC:Distributed Virtual Switch Controller ) これは、OVSベースのインフラストラクチャの設定と管理に使用されるGUIです。OVSのサポートには、きめ細かいセキュリティポリシー、アクセス制御リスト(ACL)、トラフィックの動作、およびパフォーマンスの可視化が含まれます。
Cross-Hostプライベートネットワーク これにより、IT管理者は、コアネットワーク インフラストラクチャ上にVLANを作成することなく、オンデマンドでホスト間のL2トンネルネットワークを作成または切断できます。
SR-IOV対応ネットワークカード SR-IOV対応のネットワークカードがサポートされているため、仮想マシンのネットワークパフォーマンスが向上します。Citrix Hypervisorでは、Single Root I/O Virtualization(SR-IOV)を使用することで、単一のPCIデバイスを物理システム上で複数のPCIデバイスとして認識させることができます。    
効率的なマルチキャスト サポート IGMPスヌーピングを使用して、特定のマルチキャストをリッスンするために登録されたVMだけにIPv4マルチキャスト トラフィックを送信します。    
内容 説明 エディション  リリース
Express Standard Premium
CR LTSR
ホスト障害保護高可用性(HA) HAを使用すると、インフラストラクチャハードウェアの障害が原因で、VMやvAppsのローカルリカバリが可能になります。HAはまた、プールマスターに障害が発生した場合に、ホストの再選択が行われるようにします。  
サイト リカバリ マネージャー コンピューティング、ストレージ、ネットワーク層の壊滅的なハードウェア障害からVMやvAppsを復旧できるように設計されています。これは通常、特定の場所にあるインフラストラクチャの全部ではないにしても、かなりの部分が失われることです。  
内容 説明 エディション リリース
Express Standard Premium CR LTSR
共有ストレージ接続 EXT3、NFS v3/v4、iSCSI、FC HBA、open-FCoEを含む、あらゆるタイプのローカルおよび共有ストレージへの接続性。
SMBストレージ接続 ハードウェアベースのアレイでもWindowsベースのストレージサーバーでも、SMBストレージに基づいてCitrix Hypervisor Storage Repositories(SR)を作成します。    
iSCSIからのソフトウェア起動 Cisco UCSファブリック内にソフトウェアで実装されたiSCSIからCitrix Hypervisorホストをブートします。
Shared Nothing Live
VM移行
異なるホストおよびストレージタイプ間での、VMのコンピューティングとストレージの両方のライブマイグレーションをします。これは、異なるリソースプール内または異なるリソースプール間で可能であり、管理者は柔軟にストレージを手動で再階層化し、計画的なインフラストラクチャ停止を回避できます。  
ストレージのライブマイグレーション VMのストレージのライブマイグレーションです。管理者は、VMのVDIごとに新しいターゲットSRを選択し、ダウンタイムなしで、VMの計算機能を移動することなく、これらをライブで移動できます。  
Intellicache Citrix Hypervisorは、ローカル ホスト ストレージを利用して、共有デスクトップイメージを使用する際の読み取りと非永続的な書き込みをキャッシングします。これにより、オフホストIOPSの多くが軽減され、大規模なインフラストラクチャをサポートするためのハイエンドアレイの必要性が軽減されます。
MCSリードキャッシュ 仮想化されたデスクトップおよびアプリケーション ワークロードにMachine Creation Services(MCS)イメージを使用すると、読み取りをホストRAMにキャッシュできるため、高速でスケーラブルなアクセスが提供され、オフホストのIOPSが大幅に削減されます。その結果、大規模なインフラストラクチャをサポートするハイエンドアレイの必要性が軽減されます。    
PVS-Accelerator Citrix Hypervisor プロビジョニングサービス(PVS:Provisioning Services)ホストキャッシュの統合により、ソリューション ネットワーク トラフィックが大幅に削減され、同じボリュームのVMを処理するPVSサーバーの数が減り、VMの起動時間が短縮されます。PVS(スタンドアロンライセンスまたはCitrix Virtual Apps and Desktopsのライセンス)が必要です。
   
GFS2ストレージ リポジトリ GFS2は、ブロックストレージ用のLinuxベースの共有ディスク ファイル システムです。ストレージ リポジトリとしてGFS2のオプションを有効にすると、ブロックストレージ機能のシンプロビジョニングにより、ストレージコストを削減できます。      
Changed Block Tracking Citrix Hypervisor用のChanged Block Tracking APIは、バックアップベンダーがより効率的なバックアップ ソリューションを開発できるようにし、最初のVMバックアップの後、変更されたブロックのみがバックアップされるようにします。      
2TB以上のVDI* GFS2SR上に2TiBを超える仮想ディスク・イメージを作成可能。      

* 最新リリースの新機能またはアップデートされた機能

内容 説明 エディション  リリース
Express Standard Premium CR LTSR
GPUパススルー CAD/CAM、HPC、Citrix Virtual Appsの公開アプリケーションなどのさまざまな使用例で、VMとVDI内のハイエンド3Dグラフィクスを実現します。ハードウェアGPUプロバイダーには、インテル、AMD、およびNVIDIAが含まれ、各GPUは特定のVMと1対1の関係を持ちます。  
GPUの仮想化 最も包括的なGPUベンダーのサポートにより、ホストGPUごとに複数のVMをサポートする仮想化3D GPUを実現します。ソフトウェアエミュレーションと比較して優れたパフォーマンスを提供するため、多くのユーザーは、サポートするすべてのアプリケーションタイプに対して拡張グラフィクスを活用できます。    
vGPUライブマイグレーション 実行中のVMのGPU対応のライブマイグレーションを可能にします。vGPUライブマイグレーションにより、管理者はプールホスト間でGPU対応VMを再調整してVMパフォーマンスを向上させることができ、ユーザーエクスペリエンスが向上します。また、vGPUライブマイグレーションにより、ユーザーの生産性が向上し、予期しないメンテナンス中もユーザーの生産性を維持できます。vGPUライブマイグレーションは、GPUベンダーからサポートされているソフトウェアおよびグラフィクスカードのリリース時に利用できます。      
vGPU対応VMのディスクおよびメモリスナップショット* vGPU対応VMのディスクとメモリのスナップショットを取得すると、VMの状態にはvGPUの状態が含まれます。      

* 最新リリースでの新機能またはアップデートされた機能

内容 説明  エディション リリース
Express Standard Premium CR LTSR
ダイレクトインスペクションAPI メモリイントロスペクションAPIにより、サードパーティのセキュリティソフトウェアベンダーは、エージェントレスのセキュリティ製品を構築および統合して、悪意のあるアクティビティ(ウイルス、マルウェア、ルートキット)からの「物理より優れた」保護を実現できます。    
Measured Boot ハイパーバイザーの起動を測定することで、ハイパーバイザーレベルの攻撃から保護します。インテルTXTとの統合により、ハードウェアマイクロプロセッサを活用して、ハイパーバイザーが改ざんされていないことを保証します。    
セキュアタグ Measured Bootを活用することで、安全に保護されたワークロードとホスティング インフラストラクチャ タグをビジネス コンプライアンスに使用でき、保護されたVMが適切なインフラストラクチャ ハードウェア上でのみ実行されるようになります。    
Bromiumのセキュアプラットフォームのためのネスト化された仮想化 ネスト化された仮想化は、Bromiumのセキュアプラットフォームソリューションをサポートします。マイクロ仮想化テクノロジーを使用することで、仮想マシンは、シリコンによって強化されたハイパーバイザーの分離によって脅威から保護されます。      

Bitdefender GravityZoneなどのサードパーティ製品を使用する必要があります。

次のステップ