Citrix Workspaceと他社製品の比較

多くの企業や組織が、どこからでも仕事ができる自由を従業員に与えると同時に、セキュリティを強化し、ITコストを削減し、ビジネスニーズを満たすことを望んでいます。Citrix Workspaceは、受賞歴のあるシトリックスのテクノロジーを統合した、市場をリードするデジタルワークスペースソリューションであり、あらゆるデバイスを通じてアプリケーション、デバイス、データへのセキュアなアクセスを実現できるようにする、単一のソリューションとしては市場で唯一の製品です。

ユーザーエクスペリエンスと生産性

Citrix HDXとVMware BEATの比較 - スプレッドシート操作感の比較

デジタルワークスペースは、デバイス、ネットワーク、場所に関わらず、高品質のユーザーエクスペリエンスを保証する必要があります。従業員が各自の必要とするアプリケーションやデータに簡単にアクセスできない場合、生産性や満足度が低下するだけでなく、多くの問題が発生し、IT部門に詰め寄ることにもなりかねません。シトリックスは常に、優れたユーザーエクスペリエンスを提供することに注力しており、各種のユニークなユーザー中心の機能を提供しています。

ユーザーがまず必要とすることは、仕事用の電子メールアドレスが使えるようになることです。そこから始まって、Citrix Workspaceは、ユーザーのニーズに最も適合したインフラストラクチャを自動的に構成します。これには、ユーザーがネットワークの内と外の間を移動し続けている場合であっても企業リソースへの最適なネットワーク経路を検出すること、起動時のアプリケーション同期、エンドポイントの検出などが含まれます。また、Citrix Workspaceは必要に応じて、Windowsのタブレットモードとデスクトップモードの切り替えもサポートします。

Citrix Workspaceを使うと、ネットワーク接続に関係なく、あらゆるアプリケーションのパフォーマンスが向上します。シトリックスが提供する業界トップクラスのHDXテクノロジーにより、ユーザーは希望するあらゆる場所から仕事ができるようになり、しかも高速で高品位なエクスペリエンスを享受できます。また、同僚やパートナーとコラボレートする必要もあります。デジタルワークスペースは、Microsoft Skype for Business、Cisco Jabber、Avaya One-Xなどの現代的なユニファイドコミュニケーション(UC)ソリューションをサポートしています。さらに、Citrix Workspaceは、UCに関する業界トップクラスのサポートを提供しており、45万を超えるユーザーが当社のSkype for Businessの最適化機能を日常的に利用しています。当社以外のベンダーはこのようなソリューションをまったくサポートできていないため、大規模なリファレンス顧客を見つけるために苦労しています。

ファイルの交換は、今日のほとんどの企業や組織にとって業務の中核となっています。契約の管理、従業員に対する研修、作業命令書の承認、勤務評価の実施、およびその他の典型的な業務タスクを行う場合、承認や署名を取り付けるために組織の内外で文書をやり取りすることが一般的となっています。Citrix Workspaceに含まれているコンテンツコラボレーション機能を使うと、フィードバックや承認を求めることに加えて、電子署名を入手することもできます。Citrix Workspaceを使うと、ユーザーはフィードバックや承認をリアルタイムで簡単に追跡できるようになるため、現状がどうなっているかを明確に把握することが可能となります。現時点では、仮想環境内部でコラボレーションにアクセスできるベンダーは、シトリックス以外には存在しません。

仮想デスクトップはユーザーが仕事をするために必要とするあらゆるものをほぼ提供しますが、ローカルに接続されているアプリケーションや周辺機器へのアクセスが不可欠な場合もあります。Citrix Workspaceは、エンドポイントの接続には関係なく、ほとんどすべてのアプリケーションやローカルに接続されている周辺機器に対して最適化された方法でユーザーがアクセスできるようにする機能を独自に提供します。また、Citrix Workspaceは、最も豊富な機能を備えた組み込み型のドライバ不要の印刷ソリューションを提供しており、これを使うことでユーザーは各自の選択したプリンタへの接続やその利用が簡単に行えるようになります。

Citrix Workspaceは、クラウド、オンプレミス、ハイブリッドITインフラストラクチャのうち、ユーザーが各自のニーズに最も適したオプションを選択することで、ファイルの保存場所を選択できるようにする数少ないソリューションの1つです。Citrix Workspaceは、複数のストレージリポジトリをシームレスに管理でき、ネットワークシェア、Microsoft SharePoint、OneDrive for Business、Google Drive、個人向けクラウドの内部に保存されたコンテンツに価値を提供し、デジタル共有ツールやコラボレーションツールへの接続をモバイルユーザー向けに拡張します。

 HDXによるローカルアプリケーションアクセス (4:00)

他社製品も比較した結果、Citrix Workspaceは唯一のエンドツーエンドソリューションでした。
ITアーキテクト
大手化学薬品メーカー

コンテキスト認識型のセキュリティ

SmartAccessの実際の動作:ロケーションベースのアプリケーションアクセス

今日、ほとんどすべての企業や組織にとって、セキュリティは重要な課題となっています。顧客データやIP(知的財産)を安全に保つ場合であれ、関連する規制や特定の法的制約に従わなければならない場合であれ、Citrix Workspaceは最も厳格なセキュリティ要件を満たすことができます。

ユーザーのコンテキストを把握し、状況に応じてポリシーを適用できるソリューションは、現時点ではCitrix Workspaceだけです。これによりIT部門は、ユーザーデバイスの主要な特性を判定することでユーザーアクセスの制限をプロアクティブに実施できます。たとえば、ユーザーが暗号化されたハードディスクを搭載した信頼できるデバイスから接続した場合、そのユーザーはデータへのアクセス、データの共有、データのアップロードが行えるように設定できます。一方、同じユーザーが個人所有の非マネージドデバイスから接続した場合、データへのアクセスはブロックされます。また、機密性の高いコンテンツを含むアプリケーションは、特定の場所からのみアクセスできるように設定することも可能です。

Citrix Workspaceは、Bitdefenderとの提携により、マルウェアの検出と修復に対する業界初のアプローチを提供します。市場に出回っているソリューションのほとんどは、マルウェアのシグネチャ検出に基づいています。これは、誰かが過去にマルウェアの確認と分析を行なった上で、そのシグネチャをデータベースに追加した後、ローカルなAVソリューションをアップデートしていることを意味します。このプロセスには多くの時間がかかるため、ユーザーはゼロデイ攻撃に対しては無防備なままとなります。これに対して、Citrix Workspaceは攻撃パターンを検出します。これはアプリケーションの振る舞いが分析されることを意味します。特定のマルウェア手法に関連付けられる異常な振る舞いが検出された場合、そのプロセスは停止され、組織のセキュリティ対応チームが詳細な分析結果を受け取ります。これにより、未知のマルウェアやゼロデイ攻撃を効果的に阻止できます。

 シトリックスとBitdefenderによるHypervisor Introspection のデモ (3:34)

多くの企業や組織、特に高度な規制を受けている業種では、自社のユーザーのあらゆる行動を追跡して記録する必要があります。Citrix Workspaceを使うと、管理者はユーザーセッションを自動的に記録できるため、ユーザーの過去の活動に関する完全な可視性を実現できます。また、Citrix Workspaceは、ユーザーセッションに透かしを埋め込む機能を提供することで、知的財産(IP)の紛失を防ぎます。この機能を使うと、ユーザーがカメラでデスクトップの写真を撮影した場合であっても、その写真をいつ誰が撮影したかを簡単に特定できるようになります。

シンプルで統一された管理

Citrix Workspaceのデモ

仮想アプリケーション、仮想デスクトップにおいては、効率的で柔軟な管理がIT部門にとって不可欠です。そのような管理が行えない場合、企業や組織は、VDIを採用する際に、デスクトップやアプリケーション管理の課題をブランチオフィスからデータセンターへと単に移動するだけという危険を冒すことになります。Citrix Workspaceは、管理の効率性を念頭に置いて設計されており、各種のユニークな管理機能を提供します。

オンプレミス、クラウド、ハイブリッド仮想アプリケーションおよびデスクトップ環境において統一された管理エクスペリエンスを提供しているベンダーは、現時点ではシトリックスだけです。ハイブリッドシナリオで苦労している他社ソリューションとは対照的に、Citrix Workspaceはあらゆるシナリオに対応しているため、お客様はクラウド環境から開始して後でオンプレミスリソースを追加することもできれば、ローカル環境から開始して必要な場合にいつでもクラウドへと拡張することもできます。このような統一された管理エクスペリエンスは、アプリケーションやデータからデバイスやネットワークの構成に至るまで、現代のデジタルワークスペースのあらゆる側面をカバーしており、すべての管理作業は単一の制御プレーン内で実施されます。市場に出回っているこのような包括的なソリューションは、現時点ではCitrix Workspaceだけです。

シトリックスでは、プロプライエタリなインフラストラクチャに顧客をロックインしようとする多くの他社とは異なり、お客様が各自のインフラストラクチャやプラットフォームを選択できるようにしています。Citrix Workspaceはプラットフォームにとらわれないソリューションであるため、お客様は各自のビジネスに最適な最もコスト効率の良いインフラストラクチャを選択できます。お客様は使用するハイパーバイザー(vSphere、XenServer、Hyper-V、Nutanix Acropolisのいずれか)を選択し、各自のニーズに最も適合するハードウェアベンダーとモデルを選択できるほか、または好みに合ったパブリッククラウド(AWS、Azure、Google、Oracleなど)を選択できます。

今日、ほとんどの企業や組織では、業界標準であるMicrosoftソリューション(Microsoft SCOM、OMS、Microsoft SCCM、Microsoft App-Vなど)を使用して、アプリケーションのパッケージングや管理を行っています。プロプライエタリなパッケージングおよび管理ツールの利用を要求する他のベンダーとは異なり、シトリックスは、既存の業界標準ツールやプロセスと緊密な統合を実現することで、高度な運用上の効率性を保証しています。また、シトリックスは、VDIの運用を最適化するための無料のツールセットであるSmart Toolsを独自に提供しています。Smart Toolsは、Citrixインフラストラクチャをプロアクティブにチェックすることで、現時点での問題、ベストプラクティス違反、セキュリティフィックスの欠落などを検出し、適切な修復方法を提供します。

 詳細な監視とより高速なトラブルシューティング (3:08)

次のステップ