ユニファイドエンドポイント管理

デジタルワークスペースにおけるセキュリティと生産性

単一コンソールによりエンドポイント管理を簡素化

今日のユーザーは、あらゆる場所から、あらゆるデバイスを通じて業務ができることを期待しています。このような新しいワークスペースでは、従来型のクライアント管理ツールではもはや十分ではありません。IT部門は、単一の管理プラットフォームを通じて、あらゆるデバイス(モバイル、ラップトップ、デスクトップなど)をリストアップし管理できる必要があります。

ユニファイドエンドポイント管理(UEM)を使うと、次のことが行えます。

  • 単一コンソールを通じて、従来型のクライアント管理とEMMを統合すること
  • あらゆるデバイスおよびアプリケーション間で単一のポリシーセットを管理することにより、効率性を向上させコストを削減すること
  • ユーザーが、あらゆるデバイスやロケーションを通じて一貫したエクスペリエンスでアプリケーションやデータに簡単かつ安全にアクセスできるようにすること

このホワイトペーパーにアクセスするには、このフォームに必要事項をご記入ください。