移行期間を短縮し、メンテナンスが簡単なOffice 365を有効活用

モバイルデバイスでOffice 365をセキュアに管理する

Citrix Workspaceを使用すると、すべてのユーザーの全デバイスで実行されているあらゆるOffice 365のアプリケーションのユーザーエクスペリエンスを、安全で一貫性のあるものにできます。徹底した可視性と制御によってデータのセキュリティを確保しながら、ユーザーまたはシナリオに適したレベルでのデータアクセスと共有が可能になります。あらゆるデバイスでシングルサインオンに対応することで、Office 365のネイティブエクスペリエンスを実現します。

Office 365への移行。
チームの生産性の向上をサポート。

Citrix WorkspaceによりOffice 365を最大限に活用。

詳細を見る

MicrosoftはWindows 10と同様に、Officeのメジャーアップデートを毎年2回リリースしています。「最新機能提供チャネル」および「段階的提供チャネル」と呼ばれるこれらのアップデートは単なるパッチではなく、多数の新機能を含むリリースです。Microsoftは最新の2つの段階的提供チャネルのみをサポートする予定です。Officeの主要バージョンの間隔が3~5年空いていたこれまでとは違い、IT部門は少なくとも1年に1回、テストとアップグレードを責任もって行うことになりました。Citrix Workspaceでは、すべてのアップグレードが1か所で行われ、起動時にサーバーにストリーミングされるため、アップグレードとパッチの管理を簡素化できます。 

Office 365によって、IDとシングルサインオン(SSO)の新たな課題が突き付けられています。ユーザーは、Active Directoryのユーザー名とパスワードを使用して、Office 365アプリケーションに接続したいと考えています。Microsoftでは、社内ユーザーがOffice 365のようなサービスにアクセスするためにADFSサーバーファームを使用することを推奨しています。しかし、社外ユーザーを含める場合は、社外ユーザーがフェデレーションされたIDを使用してリモートで接続し、クラウドベースのサービスにアクセスするための方法を提供する必要があります。Citrix Workspaceに搭載されているNetScalerは、リモートアクセスを使用する場合において、迅速で信頼性と可用性が高い安全なアプリケーションデリバリーの実績あるソリューションであり、SSOの設定を簡素化することによって移行プロセスを促進します。NetScalerはADFSプロキシとして機能し、追加のコンポーネントを導入する必要性を回避するうえで役立ちます。

Exchange、SharePoint、LyncのようなオンプレミスのアプリケーションからOffice 365クラウドベースサービスに移行する場合、機密データにアクセスするには、ユーザー名とパスワードだけでは十分ではありません。Citrix Workspaceを使用すると、セキュリティを強化できます。ユーザーにパスワードだけでなく他の情報を確認し、デバイス、ユーザー、場所、またはネットワークに基づいてOffice 365アプリケーションへの条件付きアクセスを適用してください。Citrix Workspaceでは、暗号化を適用して、モバイルデバイスにOfficeを配信するためのセキュリティ上の課題を解決することもできます。たとえば、ユーザーにOffice 365アプリケーションへの接続を許可する前に、管理者は、IP範囲やその他のコンプライアンスプロパティを確認するためのポリシーを設定できます。ユーザーがポリシーに準拠しない場合、そのユーザーはサービスにアクセスできません。

Citrix Workspaceを使用すると、徹底した可視性と制御によって業務データを有効に保護しながら、ユーザーおよびシナリオに適したレベルでのデータアクセスと共有が可能になります。高度なデータセキュリティ機能には、認証と承認、アクセス制御と安全なコラボレーション、リモートワイプ、デバイスロック、パスコード保護、ホワイト/ブラックリスト、データの有効期限設定ポリシーなどがあり、データが置かれている場所に関係なく、企業データ全体に対して完全な制御を維持できます。強力なレポーティング機能と監査機能により、IT部門はユーザーのアクティビティをリアルタイムで追跡して記録し、カスタムレポートを作成できます。これにより、企業データポリシーとコンプライアンス要件を満たすことができます。

各自にとって最適な職場環境を選択できるようにすれば、従業員の生産性を高めることができます。Citrix Workspaceでは、あらゆるデバイスでSSOに対応することで、Office 365のネイティブエクスペリエンスを実現します。デスクトップでネイティブアプリケーションを起動する場合でも、ブラウザ経由で公開されたOfficeアプリケーションを起動する場合でも、Citrix Workspaceではシンプルなワンタッチアクセスが保証されます。Citrix Workspaceでは、業務用のOneDriveのストレージ容量も拡張するため、ユーザーは、社外の契約業者とファイルを共有したり、簡素化されたドキュメントワークフローや電子署名によって生産性を向上させたりすることができます。シンクライアント、Mac、またはChrome OSを使用しているユーザーがいて、充実したSkype for Businessの操作性を実現する必要がある場合、ローカルインストールと同等の性能を持つ仮想アプリケーションとしてSkype for Businessを公開できるのは、シトリックスだけです。

Citrix Workspace

XenAppおよびXenDesktop | XenMobile | ShareFile

  • 年2回のリリースによって最新の状態を維持
  • Office 365アプリケーションへのシングルサインオンにより認証を簡素化
  • 条件付きアクセスによるセキュリティの強化
  • SSO、OneDriveの拡張、および充実したSkype for Businessエクスペリエンスにより生産性を向上

次のステップ

包括的な統合デジタルワークスペースについて確認する

Citrix Workspaceを実際に見る