NetScalerとF5の比較

NetScaler ADCは、カスタムハードウェア、ブレード、またはシャーシシステムに過度に頼ることなくパフォーマンスとスケールを実現する、ソフトウェア主導型アーキテクチャを特長としています。

企業におけるクラウドの推進に伴い、ハイブリッドが新しい現実となってきました。このため、データセンターからクラウドまでの完全なエンドツーエンドのネットワークインフラストラクチャが実現されています。アプリケーションからクラウドへの移行に伴い、データセンター全体におけるハードウェアへの投資が検討されています。

F5にはない、NetScalerのみに備えられている特長:

  •  オンプレミスのデータセンターとクラウドの間でADC処理帯域性能を最適配分するために容量ライセンスを移動できる柔軟性を実現。フォームファクターに関わらず利用可能。
  • SaaS環境へのアクセスを保護するとともに、サーバー側およびWAN最適化を網羅する、完全なエンドツーエンドのアプリケーション デリバリー ソリューションを提供
  • オンプレミスおよびクラウド環境のアプリケーションおよびインフラストラクチャを監視する機能を提供
  • Cisco ACI環境に対応する包括的なデバイスパッケージを提供
  • Dockerコンテナ内でサービスとして実行できる、コンテナ化されたADCを提供
  • 1台の物理アプライアンスで最大115の仮想ADCインスタンスをサポート
  • XenApp、XenDesktop、およびXenMobile環境に最適化された、独自の統合サービスを提供

NetScaler ADC の F5 に対するメリット

基準 F5 NetScaler F5に対するNetScalerの利点
構成、オーケストレーション、分析のための統合管理コンソール

NetScalerのコンフィギュレーション管理には、以下の独自の機能が備えられています。

  • 構成アドバイスおよび監査
  • HAProxyインスタンスの管理
  • Cisco API、Vmware NSX、Openstack、およびMesosと統合されたサービスオーケストレーション

高度な分析
サーバーの応答性、負荷分散の偏り、およびマシン学習によるDNSの脆弱性に基づいた事前アラートで例外事象を検出
セキュリティ分析

限定的

はい アプリケーションの脆弱性や攻撃を視覚的に表示する、脅威および安全性を評価するための Security Insight 機能。セキュリティ保護を強化する推奨構成を提示します。
ゲートウェイ分析

限定的

はい 特定のアプリケーション、ユーザー、ログインに基づき、リモートログインの問題に関する管理者のトラブルシューティングをサポートする情報を提供します。
基準 F5 NetScaler F5に対するNetScalerの利点
コンテナ化を含む複数のフォームファクター NetScalerは、Dockerコンテナで実行されるネイティブのコンテナ化サービスなど、ハードウェアおよびソフトウェア全体において同じコードベースを活用します。Mesos/Marathon、Kubernetesをサポートしています。
容量共有のための柔軟なライセンシング

限定的

NetScalerは、ハードウェアベースおよびソフトウェアベースのインスタンスで容量を共有できる、プール型容量ライセンスモデルを提供します。F5は、仮想エディションのクラウドに転送できるiSeriesライセンスのみが利用可能で、同時に容量を共有することはできません。
1台のアプライアンス上の仮想ゲストインスタンスのサポート(マルチテナンシー)

限定的

はい

NetScalerでは、以下の独自のマルチテナンシーを提供します。

  • FIPSアプライアンスのサポート
  • サードパーティワークロードのサポート
  • アプライアンスで最高のインスタンス密度
ソフトウェアベースの容量アップグレード(Pay-As-You-Grow式)

限定的

はい NetScalerでは、すべてのアプライアンス属性においてPay-As-You-Grow式を利用できます。F5では、SSLおよびHTTPの増分に対してのみであり、帯域幅はアップグレードできません。
インスタンスおよびアプライアンスクラスタリング

限定的

はい L2およびL3での完全なクラスタリングソリューションで、単一データプレーンでのトラフィックステアリング機能が含まれます。  
基準 F5 NetScaler F5に対するNetScalerの利点
ソフトウェア中心の設計

カスタムハードウェアに依存

NetScalerでは、コモディティハードウェアまたはクラウドで導入できる、ソフトウェアのイノベーションおよびパフォーマンスを活用します。
複数のフォームファクターおよび導入シナリオにおける共通のコードベース

フォームファクターで異なるバージョン、ハードウェア中心のバイアス

NetScalerでは、あらゆるフォームファクターで同じコードベース/APIを活用し、最高レベルの機能パリティを実現

F5よりも優れているNetScalerの特長

Tolly Groupによる独立したテストで、次に示すように、実際のテストシナリオにおいてNetScalerのパフォーマンスの優位性が明らかになりました。

  • F5のBig-IPを最大で4.5倍上回るパフォーマンス
  • 多くの機能による一貫性の高いパフォーマンス
  • マルチテナントおよびマルチインスタンス構成におけるめざましいパフォーマンス

受賞歴

GARTNER は Gartner 社とその米国内および海外における関連団体の登録商標およびサービスマークであり、使用には承諾を得ています。無断転用は禁止されています。