クラウドファースト環境におけるアプリケーションデリバリーネットワーキング(IDC作成)

Brad Casemore
リサーチディレクター、データセンターネットワーク部門、IDC

George McGregor
シニアディレクター、プロダクトマーケティング部門、Citrix

今日、マルチクラウドは、クラウドを採用している企業や組織にとって新たな標準となっています。今後は、自社のマルチクラウドおよびハイブリッドクラウドアーキテクチャに適応することによりシンプルで信頼性の高いアプリケーションの配信を実現する企業や組織が、大きな成功を収めることになるでしょう。IDCの調査によれば、94%の企業や組織が、クラウドファースト環境向けのアプリケーションの配信を促進するために、すでに自社ネットワークの再評価、改変、根本的な見直しを行っているとのことです。そこで、実態をより詳細に調べるために、Citrixは、900社の組織を対象としたカスタム調査の実施するようIDCに依頼し、企業がクラウド適応のためのネットワーク要件をどのように満たしているかを明らかにしました。

このWebセミナーでは、ゲスト発表者であるIDCのデータセンターネットワーク部門のリサーチディレクターであるBrad Casemore氏と、Citrixのプロダクトマーケティング部門シニアディレクターであるGeorge McGregorを招いて、このユニークな調査結果を発表しています。この調査では特に、アプリケーションの配信に必要となるインフラストラクチャやアプリケーションをクラウドへと移行する際に従来型のデータセンターアプローチをいかに変革すべきかについて詳しく調べています。

このオンデマンドのWebセミナーでは次のトピックを取り上げます。

  • 同業者がクラウド向けのアプリケーションデリバリーネットワークとインフラストラクチャをどのように採用しているか
  • 動作するものと動作しないものを示すデータ
  • 順調なクラウド採用を妨げている主な懸念

このWebセミナーに今すぐアクセスするには、指定のフォームに必要事項をご記入ください。