モバイルユーザーに最適化された、エンタープライズファイル同期および共有サービス

ShareFileのデモ

業務用デバイスから個人モバイルデバイスまで、あらゆるユーザー環境に柔軟にエンタープライズクラスのデータサービスを提供しながら、IT管理者が必要とするコントロールを提供します。ユーザーはあらゆるデバイスからファイルにアクセスし、同期して安全に共有できます。オフラインでもアクセスできるため、外出先でも高い生産性を維持できます。

ShareFileの主要な導入事例をご覧ください

その他の導入事例

アプリケーションとデスクトップの仮想化によって、ユーザはどこで作業していても、自由にアプリケーションとデータにアクセスすることができるようになります。そのため、どのデバイスを使用していても、ファイルのアクセス、同期、共有は、簡単に行うことができる必要があります。そして未承認の個人向けファイル共有サービスのシャドーIT利用は、重大なセキュリティリスクをもたらし、コンプライアンスを根底から揺るがすことになります。

ShareFileは、モバイルワークスペース全体の一部としてアプリケーションとデスクトップの仮想化を補完し、仮想化環境におけるストレージコストの削減とファイル同期のパフォーマンス向上を可能にします。IT部門は、エンタープライズレベルのサービスにコンシューマー向けのような使いやすさと高度なビジネス機能を提供して、採用を促進することができます。 

モバイルデバイスと私物デバイスの業務利用(BYOD)ポリシーにより、これまでにない俊敏性が企業にもたらされ、ユーザーはコラボレーション、情報へのアクセス、重要な作業をいつでも、ほぼどこからでも行うことができます。ただし、モバイルの俊敏性には、従業員による個人向け共有アプリケーションの使用や重要な企業データに対するセキュリティ違反など、これまでにないセキュリティ上の課題も伴います。今日のモバイルワークフォースの成功は、どこにいても、どのデバイスからでも安全にファイルにアクセスできるかどうかにかかっています。

ShareFileは、企業のBYODに対する要求を満たすために十分な柔軟性を備えたファイル同期および共有ソリューションを提供します。従業員は、オフィスにいようと遠隔地にいようと、任意のデバイスを使用して、必要なものすべてにアクセスできる俊敏性を得ることができます。IT部門は、企業のセキュリティポリシーを引き続き維持することができます。 

ShareFileは、数多くの戦略的な統合により、実装を補完し、ユーザーに追加機能を提供します。MicrosoftやSalesforceといったサードパーティベンダーのエコシステムから選択して、アプリケーション内でShareFileドキュメントやデータに直接アクセスでき、追加のログインは不要です。ユーザーは、ドキュメントをコピーしたり移行したりしなくても、ドキュメントの作成、コラボレーション、共有を行うことができます。

ShareFileはCitrix XenMobileと統合され、社員は任意のデバイスを使用してファイルへのアクセス、ファイルの同期、および社内外のユーザーとの安全なファイル共有を行うことができます。XenMobileは、モバイルデバイス管理(MDM)、モバイルアプリケーション管理(MAM)、および企業規模の生産性アプリケーションを1つの包括的なソリューションで提供します。ShareFileはXenMobile Enterpriseライセンスに含まれますが、スタンドアロンのエンタープライズファイル同期および共有(EFSS)ソリューションとしても入手可能です。

ShareFileを使用する理由

シトリックスは、GartnerによりEnterprise File Synchronization and Sharing Magic Quadrant Reportにおけるリーダーとして認定されました

レポートを読む

ITの専門家が投票するIT Brand Pulse Brand Leader SurveyでShareFileが6カテゴリ中5つのカテゴリで首位

詳細情報

Info-Techがシトリックスをクラウドファイル共有のVendor Landscapeのチャンピオンに認定

レポートを読む

当社の戦略的パートナーシップ

Microsoft AzureでShareFile StorageZonesを使用すると、企業データをMicrosoftがホスティングしているデータセンターやオンプレミス環境に保存することができます。Microsoft Azureを使用すると、IT部門は、地理的にユーザーに近い別の場所にデータを配置して、パフォーマンスの改善やコンプライアンス要求に対応することができます。

シトリックスとマイクロソフト

ShareFile StorageZonesを使用すると、AWSがホスティングするデータセンターのAmazon S3サービスやオンプレミス環境にデータを保存できます。顧客が自己管理する構成では、自分のデータと暗号鍵の所有権を維持しながら、クラウドの弾力性と柔軟性の恩恵を得ることができます。

シトリックスとAmazon AWS

Red Hat Ceph Storageは、ブロック、オブジェクト、およびファイルストレージを単一プラットフォームに統合することで、あらゆるデータを効率的かつ自動的に管理します。Red Hat Ceph Storageと共にShareFileを使用すると、ペタバイト規模に拡大したとしても、低オーバーヘッドで対応することができます。

シトリックスとRed Hat

次のステップ

競合各社に勝るShareFileの
詳細を見る

ShareFileを無料で試す