ShareFile によるバーチャルデータルーム

機密取引のためのクラウドベースのデータルーム。

ShareFileバーチャルデータルームでは、世界中のどこからでも重要な機密データにアクセスすることができます。個々のユーザー毎にデータルームのアクセス権を設定でき、アラート機能と通知で活動を記録できるため、誰がいつどのファイルを閲覧したのかをいつでも正確に把握できます。まだ閲覧のみ許可、ウォーターマーク設定で、許可なく共有することを防止します。ShareFile VDRは、セキュアな文書管理を実現します。

Smith Moore Leatherwoodでは、ShareFileバーチャルデータルームを使用して、デューデリジェンスを管理しています。

ShareFile バーチャルデータルームのユーザー

ShareFile バーチャルデータルームは、M&Aプロセスの効率化から知的財産のライセンスまで、幅広い取引で効率と安全性を高めるために多種多様な業種で利用されています。ShareFile VDRを利用すると、財務顧問、ビジネスブローカー、政府請負業者、バイオテク企業、不動産会社、投資家、未公開株式投資会社、および関連会社のデューデリジェンスタスクにかかる時間を短縮できます。

ShareFile VDRは、必要なものがすべて揃っているデューデリジェンスソリューションです。

高度なデータセキュリティ

このサービスの各アカウントにはShareFile VDRユーザー専用の機能が提供されます。ダイナミックウォーターマーク、閲覧専用権限、そして印刷権限を制御できるようにする独自の印刷ビューです。業界トップ水準の詳細な権限設定を組み合わせることで、他のユーザーがデータをどのように閲覧して使用するのかを完全に制御することができます。

バーチャルデータルームのすべての機能を見る

豊富な監査とレポート機能

包括的な監査ログとクリックの記録によって、すべてのユーザーアクションを完全に掌握します。アカウントのレポートに定期スケジュールを設定したり、アカウントの活動についてのインスタントメッセージで通知を受け取ることができます。通知では、閲覧できるファイルがアップロードされたことを他のユーザーに自動で知らせることもできます。

シンプルなファイルアクセス操作

ShareFile VDRは設定も使い方も簡単で、特別なトレーニングは必要ありません。ファイルはクラウド内に常駐するため、お客様や取引先は複雑なソフトウェアをダウンロードする必要もありません。オンラインで数百あるいは数千ものファイルを閲覧することに不安を覚えるかもしれませんが、ShareFile VDRではすべての文書に全文検索ができるので、必要なファイルを簡単に見つけることができます。

バーチャルデータルームのファクトシートを読む

効率的なアップロードとファイル同期

数秒で何百ものファイルをアップロードしたり、Microsoft OutlookのShareFile Pluginで Outlook の受信トレイからファイルを送受信したり、セキュアにあらゆる操作が実施できます。ShareFile Syncを使えば、デスクトップにファイルを置いたままアカウントに自動で同期できます。ShareFileバーチャルデータルームでは、最も複雑なデータ共有の要件をシンプルに実現できるのです。

取引の完全なアーカイブ

取引が終了すると、バーチャルデータルーム全体のバックアップがDVDで届きます。そのため、必要であれば、取引の物理的な記録を常に手元に残すことができます。

年中無休の顧客サポート

いつでもサポートの準備は整っています。特別な料金は発生しません。第1日目から初心者対応の専門家がアカウントの使い方や設定のサポートを行い、お客様ケアチームが年中無休で対応いたします。ShareFile VDRをご利用のお客様は、どなたでも電話および電子メールによるサポートを無制限で受けられ、お客様のアカウントにアクセスする必要があるユーザーには無料のトレーニングセッションが用意されています。

個人用設定オプションの詳細

「ShareFileを使うことで、煩わしく時間のかかるユーザートレーニングやサポート業務、そしてデバッグ作業が不要になりました。直感的に操作でき、信頼性の高いサービスです。」

Bob Forbes
M&A部門担当社長
Forbes

事例を読む