Citrix StoreFront

PDFとしてダウンロード

モバイルワークスペースを実現するエンタープライズアプリケーションストア

Citrix StoreFrontは、あらゆるプラットフォーム上のCitrix Receiver全体でセキュリティの向上、導入の簡素化、ネイティブに近い比類ないユーザーエクスペリエンスをもたらすエンタープライズアプリケーションストアです。StoreFrontを使用すれば、マルチサイトおよびマルチバージョンのXenAppおよびXenDesktop環境を容易に管理できるようになります。特定のビジネスニーズを満たすようブランディングと導入をカスタマイズすることで組織を強化します。また、ユーザーがいつでもどこからでもどのデバイスからでも仕事ができるモビリティイニシアチブを実現します。

Citrix StoreFrontを選ぶ理由

管理性

未来対応型の導入
StoreFrontは、複数のサイトおよびファームにわたって、さらに製品およびプラットフォームバージョンにわたって、アプリケーションとデスクトップを同時に列挙することにより、XenAppとXenDesktopの管理と配信を一元化します。

ユーザーエクスペリエンス

すべてのデバイスでパーソナライズが可能
StoreFrontをCitrix Receiverと併用すると、さまざまなエンドユーザーデバイスおよびフォームファクターで一貫性を維持しながら、パーソナライゼーションと直感的で最新のユーザーアクセスが可能になります。

情報システム
(セキュリティ担当)

最も高度な保護が利用可能
業界をリードする強力な認証機能とセキュリティ標準により、IT管理者は自信を持って、モバイルワークスペースをグローバルな場所や多様な役割に拡大することができます。

IT制御を失わずにパーソナライゼーションを実現

オンデマンドのセルフサービス アプリケーションストア

消費者用アプリケーションストアと同様に、StoreFrontは、モバイルワークスタイルにおいて生産性を高めるために必要なアプリケーションとデスクトップを選択できる、1つの一般的なインターフェイスです。ITには、ネイティブアプリケーション同様に、ユーザーのためにショートカットを作成する柔軟性があり、セルフサービスが可能です。このセルフサービスを使用すると、ユーザーは、利用可能なリソースをパーソナライズしたオンデマンドビューを構築し変更することができます。ユーザーは、メールアドレスを入力するだけですぐに簡単に開始でき、Citrix ReceiverとStoreFrontとの接続は自動的に確立されます。ITには、代わりにサーバー名を入力するようユーザーに求めるオプション、または、配布されたプロビジョニングファイルを使用するオプションがあります。

ユーザーエクスペリエンスを最新化

StoreFrontは、Windows、Mac OS、iOS、Android、Linux、Chrome OS、またはHTML5対応ブラウザなどのあらゆるプラットフォーム上で一貫した均一なユーザーエクスペリエンスを求めるモバイルユーザーの期待に応えます。Citrix Receiverと併用すると、ネイティブプラットフォームに対してユーザーインターフェイスをスムーズかつ自動的にリファクタして、最高のエクスペリエンスをもたらします。いったん接続すると、簡素化されたナビゲーションとコンテキスト重視の検索機能がユーザーの生産性の向上に役立ちます。ITは、ミッションクリティカルなアプリケーションやデスクトップへのクイックアクセスの実現や一時中断時のセッション維持など、生産性向上のためにその他の機能の導入を選択できます。NetScaler Unified Gatewayとの統合により、シングルサインオンが簡素化され、ユーザーは認証情報を1回入力するだけですべてのアプリケーションにアクセスできます。

管理の簡素化と最適化

StoreFrontには、複数のXenAppサーバーおよびXenDesktopサーバーにまたがるアプリケーションおよびデスクトップの配信を集約する、ビルトインの高可用性ツールがあります。このStoreFrontは、XenDesktop 7と共に登場し、XenApp 5以降およびXenDesktop 5.5以降のサーバーを自由に組み合わせ、同時にコンテンツを配信、利用できます。Citrix StudioおよびNetScaler Gatewayとの統合により、単一コンソールからマルチサイト、マルチプラットフォーム管理を行うことができます。

透過的なインフラストラクチャ移行

StoreFrontは、新しいXenAppとXenDesktopのプラットフォーム、異なるオペレーティングシステムのいずれに対しても、アップグレードや移行を簡素化するために必須です。多様なバックエンドリソースを集約する単一のインターフェイスを維持することで、ITサービス配信の複雑性を排除します。移行中は、ユーザービュー、通常使用するリソースへのアクセスに関する変更はありません。新しいプラットフォームを並列に取り入れ、準備ができたらそれを既存のストアの一部とします。

アプリケーションおよびデスクトップ導入のカスタマイズ

複雑なビジネス要件をもつ組織のために、StoreFrontは、XenAppおよびXenDesktopの導入をカスタマイズする最上の機能を実現します。最も一般的なカスタマイズは、Webデザインツールでサポートされている固有の外観と組織ブランディングを提供することです。StoreFront Customization SDKは、ユーザーにリソースを表示して起動パラメータを調整するプロセスのロジックのパーソナライズを実現します。管理者は、ユーザーが初めてログインする際に表示される必須アプリケーションを自動的にプロビジョンして、アプリケーションをバンドルするか、場所やデバイスのタイプに基づいてアクセスを制限することができます。StoreFrontのWeb APIにより、WebフレンドリーなAPIを使用して、企業ポータル内で仮想アプリケーションとデスクトップを調整できます。

エンタープライズセキュリティの向上

StoreFrontは、最も高度な認証機能と保護機能でXenAppとXenDesktopをセキュリティ保護します。使用できる機能には、クレームベースの認証やアクセス制御、VPNクライアントなしのセキュアなリモートアクセス、ローミングなどがあります。統合型のスマートカードに対応しているため、ネイティブのReceiverまたはWebのReceiverを使用してブラウザベースの認証を行う場合でも、ユーザーは各自のスマートカードを使用して、Windows、Mac、iOS、Android、およびLinuxデバイス上でアプリケーションとデスクトップにアクセスできます。最後に、StoreFrontはフォームベースの認証を拡張するために、1つのカスタマイズポイントに拡張可能な認証を提供します。たとえば、Secure HubおよびReceiver for Webは、この機能を使用してXenMobile、XenApp、およびXenDesktopを内部と外部のアクセス用に認証します。認証が拡張可能な場合、StoreFrontはRSAアダプティブ認証とも統合できます。RSAアダプティブ認証では、セキュリティに対してリスクベースのアプローチを採用し、Receiver for WebとSecure Hub for iOSを実行しているデバイス上で強力な多要素認証を行います。

次のステップ