XenApp 6.5の製品終了(EOL)が近づいています。XenApp 7.xにアップグレードしてください

XenApp 6.5の製品終了(EOL)が近づ’いています。お客様がお使いのCitrix XenAppシステムをアップグレードすべき時です。XenApp 7.xへの移行を開始される際には、Webセミナー「XenApp移行計画」をご覧ください。

XenApp 6.5の製品終了(EOL)のために準備されている各種のシトリックスサービスをご確認いただけます。

シトリックスの各種サービスでは、カスタマイズされたXenAppのアップグレード戦略、計画立案、およびトレーニングが提供されます。

シトリックスサービスのご紹介

ステップ1:XenApp 6.5の製品終了(EOL)のための準備を整え、7.xへのアップグレードを計画する

XenApp 6.5の製品終了(EOL)のための準備を整えXenApp 7.xへとアップグレードする上で最も重要なステップは、移行計画を立てることです。XenApp 7.xでは、各種のWindowsおよびLinuxオペレーティングシステムを通じてクラウドおよびオンプレミスの仮想アプリケーションを配布するための堅牢なプラットフォームとして、FlexCast Management Architecture(FMA)が新しく導入されています。この強力なXenApp 7.xアーキテクチャでは、新しい概念、用語、および機能が導入されています。XenApp 7.xをご自分の環境に導入する前に、この新しいアーキテクチャと、それによってもたらされるすべてのセキュリティ、ユーザーエクスペリエンス、および管理上の利点について理解しておいてください。

ステップ2:各自のXenApp 7.x環境を構築する

XenApp 7.x環境を構築することで、お客様は新たなスキルを獲得できます。希望のサーバーオペレーティングシステムを選択し、使いやすいインストールウィザードを利用してインストール処理を進めます。Citrix StudioおよびCitrix Directorが提供する新しい統合された管理および監視コンソールの概要をご覧ください。また、再設計されたFlexCast Management Architecture内で仮想アプリケーションとデスクトップを公開し、XenApp 7.xがどのように管理者に対して最適化されているかをご覧ください。

ステップ3:お使いのXenApp 6.5環境と7.x環境を統合する

Citrix StoreFrontは、最も強力なXenApp移行ツールの1つです。StoreFrontは、すべてのXenApp環境から仮想アプリケーションを集約し、そのアプリケーションを一元的にインテリジェントに配信します。これは、XenApp 7.xと既存のXenApp環境の並行使用が可能であり、自分のペースでアップグレードプロセスを完了することができることを意味します。Citrix StoreFrontは、古いXenApp環境(IMA)と新しいXenApp 7.xリソースを1か所に集約します。その一方で、任意のデバイスからビジネスアプリケーションへのパーソナライズされたセルフサービスアクセスをユーザーに提供するため、ユーザーは既存環境から新しい環境に簡単に移行することができます。

ステップ4:XenApp 7.xへのアップグレード

すべてのアプリケーションをXenApp 7.xに移行する準備ができたら、シトリックスが用意したツールを利用して、ゴールまで一気に進めましょう。お使いのアプリケーションが、Windows Server 2008 R2上にある場合は、XenApp 7.xのインストールウィザードを使用して、XenApp 6.5をアンインストールしてからXenApp 7.xをインストールすることで、簡単に移行できます。お使いのアプリケーションをWindows Server 2012 R2やWindows Server 2016のような新しいOSに移行する場合、シトリックスが提供するAppDNAなどの強力なツールを利用することで、OSの互換性を自動的に評価し、改善のためのアドバイスを得ることができます。また、シトリックスは必要に応じて、お客様の既存のXenAppのポリシーと設定を新しいXenApp 7.x構成へとインテリジェントにエクスポートする強力な移行ツールも提供しています。

Windows Server 2008の製品終了およびWindows 10への移行のサポート、および将来のアップグレードの簡素化

Windows Server 2008 R2が2015年初めにサポート終了を迎え、Windows Server 2016が発売され、Microsoftがこれまでにない早さでWindowsの新バージョンを発表したのに対応して、Windows 10へのアップグレードは記録的な速さで進行しました。これにより、IT部門は、新しいリリースを導入し、古いオペレーティングシステムのユーザーをサポートするためのシームレスで簡単なプロセスを用意することがますます重要になっています。XenApp 7.xアーキテクチャによって、アプリケーションの移行が加速し、アップグレードの簡素化が可能になります。つまり、今後のバージョンでは、複数のオペレーティングシステムから仮想アプリの管理と配信が同時に行えるようになります。

次のステップ