XenAppおよびXenDesktopの新機能

XenAppおよびXenDesktopに対する最新のアップデートは、全リリース(XenApp/XenDesktop 7.17やCitrix Cloud XenAppおよびXenDesktop Serviceを含む)を通じた帯域幅消費量の削減、ユーザーエクスペリエンスの向上、新しいセキュリティ機能の追加を実現することにより、アプリケーションおよびデスクトップ仮想化分野におけるCitrixのリーダーシップを拡張しています。 XenAppおよびXenDesktop 7.17では、セッション透かし(Session Watermarking)機能とLinuxアプリケーションおよびデスクトップでのSmart Cardのサポートによりセキュリティの強化を実現しています。また、XenAppおよびXenDesktop 7.17では、新しいコーデックの利用や、最新のNVIDIA GPUテクノロジーのサポートを通じて、帯域幅消費量を削減しています。

XenAppおよびXenDesktop ServiceはAzure Managed Diskを正式にサポートしており、より統合されたワークスペースエクスペリエンスのユーザーインターフェイスを新しい顧客に提供するほか、Azure Active Directoryに対するフェデレーテッド認証のTech Preview版を提供します。

近日リリース:Citrix Workspace Hub

Citrixは、私達の働き方を変革するイノベーティブなテクノロジーを常に提供しています。当社の最新のイノベーションはCitrix Readyワークスペースハブです。Citrix ReadyパートナーであるNComputingおよびViewSonicとの提携により、Citrixは、低コストで高性能が売りのHDX Ready Raspberry Piの機能を拡張しており、同製品を未来のCitrix Readyワークスペースハブとして改めて位置付けています。同デバイスには現在、デュアルディスプレイのサポート、Skype for Business RTME(Real Time Media Engine)との統合、最新機能であるCitrix Castingなどの多くの機能が搭載されています。Citrix Castingを使うと、モバイルデバイスから、ワークステーションハブに接続されている任意のディスプレイに対する、シームレスでセキュアなセッションローミングが可能となります。これらの高度なIoTエッジデバイス機能は、2018年3月31日にTechnical Preview版として提供が開始されます。Citrix Readyワークスペースハブに関する詳細は、当社の最近の発表ブログをご覧ください。

Citrix Cloudを通じたXenApp Serviceの提供

XenApp Serviceを使うと、あらゆる場所から任意のデバイスへのWindows、Linux、Web、SaaSアプリケーションの配信を保護できるほか、自社のオンプレミスインフラストラクチャとクラウドベースのインフラストラクチャを単一のシンプルな制御コンソールから管理できます。また、XenApp Serviceを使うと、お客様は各自の企業クラウド戦略にぴったり合ったワークロード配備オプションを選択し、準備が整った時点でクラウドへと移行できます。XenApp Serviceでは、Citrix Cloudを使用することで、完全な機能を備えた仮想化ソリューションを導入するための最速の方法を提供します。XenApp Serviceに関する詳細は、当社の発表ブログをご覧ください。

XenApp & XenDesktop 7.15 LTSR で、デジタルワークスペースエクスペリエンスを大幅に強化

XenApp & XenDesktop 7.15 LTSRは、当社が2017年に公開したXenApp & XenDesktopリリースを結合した、現場で実証済みのセキュリティ強化バージョンです。XenApp & XenDesktop 7.15 LTSRは、最も厳格なセキュリティ標準に照らしてテストされています。FIPSやCommon Criteriaのような業界認定を取得することを目指しており、任意のGDPR計画におけるサポートを可能にします。 同リリースは、最も広範な種類のLinuxおよび Windowsのアプリケーション、デスクトップ、オペレーティングシステムに対応するために十分な柔軟性を備えています。また、XenApp & XenDesktop 7.15 LTSRはXenServer 7.1 LSTR CUと同期したライフサイクル日程となり、最長で5年間の基本サポートと、さらに5年間の延長サポートが利用できます。

XenApp & XenDesktop 7.6 LTSRと7.15 LTSRの比較

XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSRは、Windows Server 2016で公式に認定されているため、すべての Windows Server 2016 のアプリケーションとサーバーがホスティングするデスクトップを世界中のあらゆるユーザーに容易かつ迅速に配信できます。 Windows Server 2016上でのXenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSRの認定を取得すると、シトリックスの長期サービスリリースに関する予測可能なメンテナンススケジュールを受け取ることができるほか、Windows Server 2016のセキュリティとパフォーマンスのメリットも享受できるようになります。

次のステップ