すべてのワークロード
のために最適化された
サーバー仮想化

Citrix XenServerは、アプリケーション、デスクトップ、クラウド、およびサーバー仮想化のインフラストラクチャの総所有コストを削減できる、サーバー仮想化およびハイパーバイザー管理の先進的なプラットフォームです。さまざまなワークロードをXenServer上に統合して封じ込めることにより、どのような分野または規模の組織でも業務ITコンピューターインフラストラクチャを変革でき、今日の先進的な業務のITデータセンターの課題に取り組むことができます。

XenAppおよびXenDesktopによる最適なパフォーマンス

XenServerは、アプリケーション仮想化とデスクトップ仮想化に対してクラス最高のパフォーマンスを発揮します。Microsoft環境に緊密に統合され、XenAppおよびXenDesktopのライセンス権利が付属しているため、XenServerは、シトリックスのワークロードにとって理想的な仮想化プラットフォームです。

インテルの仮想グラフィックス(GVT-g)のサポートに加えて、優れたユーザーエクスペリエンスを実現するNVIDIA GRID vGPUおよび市場をリードするNVIDIAスケーラビリティを備えたLinuxグラフィカルデスクトップをサポートするのはXenServerだけです。XenServerは、VMの密度とパフォーマンスを最大限に高めながら、メモリ内キャッシュ読み取り機能およびIntelliCacheでインフラストラクチャのストレージコストを削減します。

革新的なプラットフォームセキュリティ

XenServerには、XenServer Direct Inspect APIなどの革新的なセキュリティ機能を定期的に導入しています。これらのAPIは、仮想インフラストラクチャ保護のパラダイムシフトとなっています。このようなAPIによって、VMの保護がホストに移管されるため、ウイルスやマルウェアがゲストOS内に隠れ潜む余地はありません。XenServer Direct Inspect APIを使用すると、セキュリティベンダーパートナーの統合体は、このまさにエージェント不要のソリューションを使って悪意のある活動に対して「物理的に保護する以上」の保護を提供することができます。

企業規模の仮想化

XenServerを使用すると、IT部門は非常に多くのデータセンターサーバーを統合して包含することができ、これによって既存のハードウェアリソースをさらに有効に活用できます。CPUコア、ホストRAM、VM RAM、およびVM 1台当たりの仮想ディスクにおいて、パフォーマンスとキャパシティが大幅に向上するだけでなく、Storage XenMotion、Shared-Nothing Migration、Health Checkなどの革新的な機能を搭載し、Windows VMの自動ドライバー更新を実現するMicrosoft Windows Update Servicesと統合されているため、XenServerを使用して、IT管理者はインフラストラクチャ内での効率性を最大限に高め、計画的なサービス停止を行う必要がなくなり、予定外のサービス停止も最小限に抑えることができます。

更に検討を進める

技術
システム要件、導入オプションなど