すべてのデータセンターワークロードに最適な
サーバー仮想化環境

現代のビジネスが抱えるITデータセンターの課題に取り組む

Citrix XenServerは、アプリケーション、デスクトップ、サーバー仮想化のインフラストラクチャのために最適化された先進的な仮想化管理プラットフォームです。あらゆる分野または規模の組織でXenServerをワークロードの統合や隔離に利用して、業務ITコンピュータインフラストラクチャを効率的に変革することができます。

XenServerの導入事例のご紹介   

XenServerは、さまざまなワークロード、オペレーティングシステム、ストレージやネットワークの構成を簡単に扱えるようにするエンタープライズクラスの機能を内蔵した、包括的なサーバー仮想化プラットフォームです。非常に要求の厳しく負荷の高いアプリケーションやデスクトップの仮想化環境でも、業界最高レベルのスケーラビリティと性能を実現することができ、最大規模のXenApp & XenDesktop環境の構築を可能にします。IT部門は、NVIDIAおよびIntelを使用したvGPU機能や、Direct Inspect APIを使用した仮想化メモリセキュリティなどのXenServer独自機能により、仮想インフラストラクチャのコストを軽減し、管理を容易にできます。

XenAppとXenDesktopのライセンスを保有しているユーザーは、エディションにかかわらず、ライセンスサーバーにその製品ライセンスを登録することで、XenServerインフラストラクチャを利用することができます。その場合は別途 XenServer のライセンスを購入する必要はありません。

XenServerを使用すると、IT部門は非常に多くのデータセンターサーバーを統合して包含することができます。これによって、既存のハードウェアリソースの全体的な活用率を向上させると同時に、インフラストラクチャの総所有コストを削減することができます。計画的なサービス停止を行う必要がなくなり、予定外のサービス停止が最小限に抑えられるため、管理者は、インフラストラクチャ内での効率性を最大限に高めることができます。また、XenServerを使用してサーバーを統合および包含することで、CPUコア、ホストRAM、VM RAM、およびVM 1台当たりの仮想ディスクのパフォーマンスとキャパシティが大幅に向上するとともに、Microsoft Windows Update Servicesと統合してWindows VMドライバーを自動更新することが可能になります。

XenServerの最大構成ドキュメント

XenServer 7は、GPUパススルーと仮想化GPUベンダーオプションの幅広いオプションと高性能拡張3Dグラフィクスのサポートを提供する先進のハイパーバイザーです。拡張グラフィクスワークロードを促進するためにハードウェアを追加する必要がないCPU内蔵GPUである、Intelの仮想グラフィクステクノロジー(GVT-g)をサポートしているのはXenServerだけです。

XenServerでのNVIDIA GRID vGPUサポートがLinuxのグラフィカルアプリケーションとデスクトップにも拡張されました。vGPUは、最新のNVIDIA GRID Maxwell世代ハードウェアと統合されたことで、ホストあたりのセッション数が128に増加しています。

「XenServer 7.1の新機能」を見る

この新しいXenServer 7 を導入して最初に気付いたことは、いままで馴染んできた環境と新機能の操作も一貫していることです。オフラインストレージのマイグレーション、XenServer 自動ヘルスチェック、Windows Update 経由でのアップデートが可能になった XenServer VMツール、そして1台のVMで128 GBを超えるRAMにアクセスできることなど、わくわくする新機能がたくさんあります。当院ではいくつかの仮想サーバーは、何のトラブルもなく400日以上稼働し続けています。そんな XenServer が大好きです。
Chad Bodiker
上級システム管理者
University of Utah Hospital

次のステップ

Citrix XenServerがVMware vSphereよりも優れている理由を見る

XenServerを無料で試す