XenServerの技術情報

Linux Foundation内の最上層プロジェクトとして、Citrix XenServerは、基礎となるインフラストラクチャを安定した方法で柔軟に抽象化します。強力なオープンソースのXen Projectハイパーバイザーに基づいて、XenServerは、WindowsおよびLinuxの仮想マシン(VM)を効率良く管理できるようにし、アプリケーション、デスクトップ、サーバーの統合向けの非常にコスト効率に優れたプラットフォームを提供します。

XenServerはタイプワンのハイパーバイザーであり、元々はスケールアウトインフラストラクチャの使用事例向けに設計されたものです。シトリックスでは、仮想化したグラフィックスをNVIDIA GRID vGPUに統合する業界初のハイパーバイザーや、ストレージI/Oブースティングパフォーマンスを緩和するメモリ内キャッシュ読み取りを導入するなど、革新的な新機能を開発し続けています。

XenServerの導入方法

XenServerは無料でお試しいただくことができ、10分足らずでインストールできます。以下のリソースを使用して、XenServer環境を今すぐ立ち上げて稼動させましょう。

XenServerでのアプリケーションの導入

XenServerインフラストラクチャの導入と継続的管理は、単純かつ直観的です。シトリックスは、インフラストラクチャの最上位で実行されているワークロードにもこれが拡大適用されるべきと考えます。Citrix Lifecycle Manager(CLM)は、ブループリントにより、アプリケーションライフサイクルワークフローで多層アプリケーションの導入、管理、および分解を可能にするほか、XenServerインフラストラクチャと厳密に統合するように設計されています。

CLMブループリントは、Citrix XenAppおよびXenDesktop、またはサードパーティのアプリケーションなど、アプリケーションの追加設定が不要なベストプラクティスの導入、構成、および継続的な管理のために必要な一連の手順を定義します。アプリケーションブループリントの導入には、無償のXenServerライセンスが含まれています。

XenServerの導入をさらに活用

デスクトップ仮想化ではリーダーとして、パブリッククラウドでは主要な仮想化
プラットフォームとして位置付けられているXenServerを使用すると、
最も重要なワークロードをクラウド環境にシームレスに移行できます。