アプリケーション仮想化とVDIアイコン

安全なデジタルワークスペース

テクノロジー、プラットフォーム、デバイス、クラウドを統合することで、IT管理の保護と簡素化を実現します。また、従業員が各自の必要とする関連システムやツールに対して、それらを必要とする場合に、必要とする方法で、パーソナライズされたアクセスを行えるようにします。

安全なデジタルワークスペースとは?

安全なデジタルワークスペースとは、自社のユーザーが必要とするアプリケーション、デスクトップ、データ、デバイスの配信と管理を、状況に応じた安全な方法で実現するものです。Citrixが提供する統一的で状況に応じた安全なデジタルワークスペースを使うと、これらのすべてが可能となるほか、ハイブリッドおよびマルチクラウド環境のもたらす完全なメリットを実現できると同時に、管理を簡素化しセキュリティ上の課題を克服できます。完全なセキュアデジタルワークスペースは、次の条件を満たす必要があります。

統合化

IT部門は、テクノロジーインフラストラクチャ全体の構成、監視、および管理を単一画面で実行することで、統合的なユーザーエクスペリエンスを提供できます。

状況適応型

デジタルワークスペースは、場所を問わず安全に仕事ができるようにするために、各ユーザーのパターンと例外を機械学習で習得して適用します。

安全性

安全なデジタル境界によって、ネットワークおよびユーザーエコシステム全体における安全なアクセスと完全な可視性を提供します。また、これには予測分析機能も含まれているため、プロアクティブに脅威に対処できるようになります。

お客様は各自のワークプレースを自分のポケットに入れて持ち歩くことができます。オフィスを出る際に自分のセッションを終了した場合であっても、電車の中で仕事を再開すると、オフィス内で自分が最後に残したのと同じ場所にカーソルが置かれています。これが未来です。これこそが未来の働き方のあるべき姿です。
Markus Marksteiner
グループCTO
Baloise Group

Citrix Workspaceを選ぶ理由

任意のクラウド上で動作するSaaS、Web、モバイルの各アプリケーションはかつてないほどに増え続けており、これらを管理することは非常に困難な仕事であり、セキュリティリスクを増大させます。Citrix Workspaceを使用すると、IT部門は制御権を取り戻し、安全なデジタル境界を通じてセキュリティ脅威をプロアクティブに管理できるようになります。Citrix Workspaceを利用することで、お客様は、アプリケーション、コンテンツ、ネットワークを保護し、今日の分散されているハイブリッド、マルチクラウド、マルチSaaS、マルチデバイス環境における脅威に対処できるようになります。オンプレミスおよびクラウド上にあるすべてのアプリケーションとデータを完全にアグリゲートし、適切なエクスペリエンスを適切なユーザーに対して適切なタイミングで配信できるようにするのは、シトリックスだけです。

業界での高い評価

  • Citrix XenAppを使用することで、デスクトップサポートのコストを170万ドル削減できました。

  • Citrixは、2017年度IDC MarketScapeのエンタープライズモビリティ管理(EMM)の分野でリーダーに位置づけられています。

  • Citrixは、コンテンツ コラボレーション プラットフォームの分野でリーダーに位置づけられています。

  • 世界中のすべてのADC案件でシトリックス製品の導入を検討

Citrix とパートナー企業との連携

次のステップ