Citrix Virtual Appsのライフサイクルマイルストーン

製品の各メジャーリリースの特定のライフサイクルについては、製品のマトリクス表(英語)または旧製品のマトリクス表(英語)をご覧ください。

この製品は、「ライフサイクルの定義」のページに記載されている標準のライフサイクルポリシーに沿っています。この製品には、標準のフェーズと定義に加え、以下で定義するEnd of Extended Support(延長サポート終了)もこの製品に適用されます。

Web InterfaceやSecure Gateway(XenApp 6.5上)を含むCitrix Virtual Appsのコアコンポーネントは、延長サポートを含むすべてのフェーズで対象となります。

特定のサーバープラットフォームに対する重要な各Citrix Virtual Appsリリースに対して、要求が商業的に実行可能な場合、シトリックスでは最新のHotfix Rollup Pack(HRP)をサポートし、メンテナンスを提供します。また、シトリックスは直前のHotfix Rollup Packに対して、最新のHRPが有効になってから12ヶ月間にわたってサポートを提供します。セキュリティの脆弱性に関するHotfixは、最新のHotfix Rollup Packに対してのみ提供されます。

2012年12月6日にリリースされたHotfix Rollup Pack 02 for Citrix XenApp 6.0 for Microsoft Windows Server 2008 R2は、Citrix XenApp 6.0 for Microsoft Windows Server 2008 R2の最新のHotfix Rollup Packです。Hotfix Rollup Pack 02以前にリリースされたHotfix Rollup PackはHotfix Rollup Pack 01です。メンテナンスおよびサポートはHotfix Rollup Pack 02に対して行われます。それに加えて、シトリックスはHotfix Rollup Pack 01の製品終了である2013年12月6日までHotfix Rollup Pack 01のサポートを提供します。

特定のサーバープラットフォームに対して複数の重要なリリースがある場合があります。Hotfix Rollup Pack 01 for Citrix XenApp 6.5 for Microsoft Windows Server 2008 R2は、2012年6月28日にリリースされました。このHotfix Rollup PackはHRP 02がリリースされる2013年第2四半期までメンテナンスおよびサポートが提供されます。2013年第2四半期にHRP 02がリリースされると、HRP 01は1つ前にリリースされたHRPとなり、そのサポート提供期間は2014年第2四半期までとなります。

延長サポート終了(EOES)

この日程は、特定の製品リリースが延長サポートプログラムの対象に含まれなくなる日です。シトリックス製品バージョンのEOESの日程は、現時点の該当するMicrosoft Windows Server OSバージョンの延長サポート終了に合わせて調整しています。これによって、お客様は、基になるOSの移行プランの一環としてCitrix Virtual Appsの移行を計画できます。この延長サポートプログラムによって、メンテナンス終了(EOM)日以降もテクニカルサポートとメンテナンスを利用できるため、お客様は、アップグレード戦略を管理できるようになります。延長サポートプログラムおよびこの製品に適用されるその他のテクニカルサポートプログラムの詳細については、ソフトウェアサポートプログラムのページをご覧ください。


*ライフサイクルフェーズ:GA(General Availability:製品出荷)、EOM(End of Maintenance:メンテナンス終了)、EOL(End of Life:製品終了)。これらの用語の定義については、ここをクリックしてください。EOES(End of Extended Support:延長サポート終了):これは、特定の製品リリースが延長サポートプログラムの対象外となる日程です。延長サポートプログラムを含むすべてのプログラムの詳細については、「ソフトウェアサポートプログラム」のページをご覧ください。

In North America
フリーダイヤル:0120 941 133