どこにいてもあらゆるデバイスで高品位のユーザーエクスペリエンス

ユーザーとIT部門の両方が満足する仮想コンピューティングエクスペリエンスを提供

多くの組織にとって、高い生産性や顧客満足を促進する安全で一元化されたコンピューティングエクスペリエンスを提供することは、成功を収めるうえで不可欠です。このことは、ITリソースに企業所有のシステムからアクセスする場合でも、個人のモバイルデバイスからアクセスする場合でも変わりません。ユーザーは、接続の品質、場所、またはアプリケーションそのものに関係なく、使用しているアプリケーションからのリアルタイム応答を期待します。複雑なERPまたはグラフィックスアプリケーションをタブレットに配信可能なら、高性能デスクトップ上で実行するのと同じくらいスムーズに実行できることが期待されます。このような期待に応えるには、多様なシナリオと状況を最適化して適応できる仮想ソリューションがIT部門に必要です。シトリックスのHDXテクノロジーを実装したXenAppおよびXenDesktopは、混雑した遠距離ネットワークにおいて、あらゆるアクセサリや周辺機器を使用して、シームレスに適応することでさまざまな画面で非常に優れたユーザーエクスペリエンスを実現します。

Citrix HDXによる高解像度仮想デスクトップ

詳細を見る

HDX Adaptive Transportは、ローカルネットワークか、モバイルネットワークか、遅延が大きい広域ネットワークかに関わらず、ユーザーに可能な限り最良の体験を提供することを目的に設計されています。たとえデータセンターから何千マイルも離れていたとしても、接続セッションが維持されるだけでなく、最新技術によりファイル転送や印刷を最大10倍に高速化するという性能の向上も実現します。従来と比較して、最新のHDXテクノロジーは、帯域幅消費を最大60%削減し、サーバーのスケーラビリティを高く維持しながらも、リッチメディアコンテンツにより優れたユーザーエクスペリエンスをもたらします。

Citrix HDXテクノロジーは仮想アプリケーションやデスクトップに、高い帯域効率、非常にクリアな音声、マルチメディアおよびビデオを実現します。状況に適応する圧縮および表示技術を採用したHDXは、優れた画質をもたらし、負荷の大きなワークロード、サーバーでレンダリングするビデオ、または3Dグラフィックスを快適に利用できます。多くの最新モバイルデバイスは、デスクトップコンピューターと同様に、そのようのコンテンツストリームを即座に解凍処理できる演算力を備えています。ユーザーの意思をインテリジェントに判別し、インタラクティブなワークフローに優先順序を付けて、快適なエクスペリエンスを実現します。これにより、ブロードバンドワイヤレスやモバイルネットワークで一般的に見られるパケットロス、輻輳、高レイテンシ、ジッターの発生時にも、エンドユーザーの生産性が向上します。

ユニファイドコミュニケーション(UC)ツールにより、コラボレーションの大規模な普及と生産性向上がもたらされています。シトリックスは、Microsoft Skype for BusinessやCisco Jabberなどの業界をリードするベンダーと緊密に連携することで、VDIを介してUCを使用する音声とビデオの最適化の先駆けとなりました。Microsoftと共同で取り組んだ独自ソリューションは業界初となるもので、仮想アプリケーションおよびデスクトップ内でSkypeアクセサリや高度な通話機能をサポートしています。また、リアルタイムの音声/ビデオ処理の負担をエンドポイントへ振り分けます。これにより、サーバーのスケーラビリティを向上させ、音声/ビデオのトラフィックが、データセンターのサーバーまで「ヘアピン」のような通信経路を通過することなく、発信者と受信者の間を直接行き来するためのより高速なパスを作成できます。この優れたユーザーエクスペリエンスは、オンプレミスと同様に、Skype for Business in Office 365でもサポートされています。機密のチャットデータはデータセンター内で安全に留めておき、分散したエンドポイントに残ることはありません。

HDX 3D Proテクノロジーは、WindowsおよびLinuxの仮想デスクトップでの高負荷グラフィック3Dプロフェッショナルアプリケーションのパフォーマンスを最適化します。ネットワーク遅延によって画像のレンダリングが遅くなる問題は解消され、視覚的にロスがない深圧縮により、完璧なイメージでリアルタイムにコラボレーションすることができます。洗練され最適化された2Dおよび3Dグラフィクスやデザインアプリケーションおよびデータへのセキュアなグローバルアクセスが可能になることで、製品をより迅速に市場に出すことができます。シトリックスは、グラフィカルアプリケーションの仮想化におけるリーダーとして、Citrix XenServer、VMware vSphereおよびMicrosoft Hyper-Vなどの主要なハイパーバイザーすべてにおいて、ハードウェアベースのGPU共有をサポートする業界初にして唯一のソリューションを実現しています。お客様は、自社のグラフィクス要件を最も満たしているGPUプラットフォームの選択が可能となり、AMD、Intel、NVIDIAなどの主要ベンダーと提携して高度なGPU共有機能を提供することができます。

リモートデスクトップのパフォーマンスを向上させる、HDX 3D Proの利点が得られる3Dプロフェッショナル向けグラフィックアプリケーション:

  • コンピューター支援設計、製造、エンジニアリング(CAD/CAM/CAE)アプリケーション
  • 地理情報システム(GIS)ソフトウェア
  • 医療用イメージングなどの画像伝送システム(PACS)
  • 製品ライフサイクル管理および製品データ管理アプリケーション(PLM/PDM)
  • OpenGL、DirectX、NVIDIA CUDA、OpenCLの最新バージョン
  • WindowsおよびLinuxベースの3Dアプリケーションをサポート
  • 高性能のシンクライアントを超低コストで提供。Citrix ReadyパートナーのViewSonicとMicro Centerでは、Raspberry Pi 3をベースにした超低コストのHDX Ready Piを提供します。予算がとても厳しいプロジェクトでも、VDIを利用できるようになりました。HDX Ready Piは、1つのデバイスパッケージに必要な機能をすべて揃えた、完全にアセンブル済みのシンクライアントです。小型ながらも非常に高機能なこのデバイスは、メディアオフロードなどの広範なHDXユーザーエクスペリエンス技術をサポートすると同時に、管理や保守も簡単になります。詳細については、Citrix HDX Ready Piのページをご覧ください。
  • ローカル印刷およびネットワーク印刷のサポート。HDX印刷を使用すると、IT部門はXenAppおよびXenDesktopの各セッション内で、ローカル定義のプリンターとセッション定義のプリンターの両方にアクセスできます。Citrixユニバーサル プリント ドライバーは、印刷デバイス機能を提供することはもちろん、印刷品質、印刷速度、環境安定性の最適化も図ります。
  • USBリダイレクションを使用した周辺機器を利用。Citrix Receiverソフトウェアを使用すると、XenAppおよびXenDesktop環境からさまざまなリソースにアクセスできます。このソフトウェアは、多数のプラットフォームと何百万ものデバイスのフォームファクターでサポートされています。頻繁な更新およびベンダーとの緊密なコラボレーションを通じて、迅速かつシームレスな統合を実現しています。多様なプリンター、スキャナー、ペンタブレット、スマートカードリーダーなどの周辺機器がサポートされるため、ソリューションを完全なものにすることが可能となり、シームレスなVDIパフォーマンスを提供します。互換デバイスの詳細については、Citrix Readyマーケットプレイスをご覧ください。

シトリックス製品

XenAppおよびXenDesktop

  • ローカルのデスクトップやアプリケーションと同様のリアルタイムエクスペリエンスを提供
  • 低コストのHDX対応シンクライアントをサポートすることで、ハードウェアを交換することなく継続的な技術革新が可能
  • HDX USBリダイレクトにより、ユーザーの生産性に対して無限の可能性を実現

ビデオ

シトリックスと他社製品を比較

Citrix HDXと他社製品の比較を見る

解説

仮想化エクスペリエンスの最適化

常に最良のユーザーエクスペリエンスを提供することをお約束します。

導入事例

シトリックスの顧客4社が場所やデバイスにとらわれないCADの生産性を実現 

Replace with 3D CADアプリケーションの仮想デスクトップシステムにより、海外拠点からの高速データアクセスを実現。

次のステップ

XenApp & XenDesktopの詳細