あらゆるブラウザでWebおよびSaaSアプリケーションへのセキュアなアクセスを実現

エンドポイントの設定なしに仮想ブラウザでWebおよびSaaSアプリケーションにアクセス

現在、Webベースのアプリケーションは多くの組織のIT戦略として一般的ですが、実際は、Webブラウザによって、頻繁な更新から互換性の問題にいたるまでのWindowsアプリケーションと同様の問題の多くが発生する可能性があります。アプリケーション仮想化は、欠点のないWebベースアプリケーションの長所を享受する方法を提供します。Webアプリケーションを単一のブラウザバージョンと構成に仮想化して、すべてのユーザーに同様に配信することで、IT部門は、セキュリティと管理の容易性を強化すると同時に互換性の問題を解決できます。

ユーザーのブラウザ選択とは関係なく、ユーザーに対する特定のブラウザベースアプリケーションの配信を容易にするために、シトリックスはSecure Browserを提供しています。Secure Browserは、IT部門がエンドポイント構成なしでWebおよびSaaSアプリケーションへのセキュアなリモートアクセスを提供できるようにする仮想ブラウザです。

詳細を見る

Citrix Secure Browserの概要

Secure Browserを使用すると、IT部門がすべての種類、バージョン、またはプラグインをテストする必要なく、ユーザーは任意のブラウザを使用できます。これは、Webアプリケーションを壊してしまうことがよくあるネイティブのブラウザを搭載したモバイルデバイスを始めとする、さまざまなデバイスが職場に持ち込まれる場合は特に重要です。パッチとアップデートを一元的に管理することで、環境内にあるバージョンの数を削減でき、最新の修正プログラムをすべてタイムリーに適用できます。

Secure Browserを使用すれば、ユーザーは好きなローカルブラウザで特定のURLを入力またはクリックすることで、WebまたはSaaSビジネスアプリケーションを安全に開くことができます。そうすると、Citrix Receiver for HTML5セッションが開始され、事前定義された仮想ブラウザにそのWebアプリケーションが透過的に表示され、ローカルブラウザの新規タブにシームレスに統合されます。VPNを使用する必要はなく、ユーザーはローカルにインストールされたWindowsアプリケーションと同じくらい簡単かつ便利にWebアプリケーションをリモートで操作できます。

Citrix Secure Browserは、アプリケーションとデータを堅牢なデータセンター内にまとめて、セキュリティを強化します。ネットワークを経由してユーザーのエンドポイントデバイスまで送信されるのは、画面の更新、マウスクリック、キーストロークコマンドを行った場合のみであるため、データの露出や流出のリスクを大幅に削減できます。データがデバイスまたはローカルのブラウザキャッシュに保存されることはなく、ネットワーク接続の終了後は何も残らないため、セキュリティとコンプライアンスを強化できます。詳細なアクセスポリシーを実施することで、不要なVPNセキュリティホールを解消し、セキュリティ保護されていないネットワークからのデータ損失や侵入のリスクを軽減できます。

Secure Browserは、完全なホスティングサービスとしてCitrix Cloudで利用できます。このオプションにより、シトリックスはインフラとサーバーを管理し、Secure Browserは真のターンキーソリューションとなります。Secure Browserサービスは3つの簡単な手順、つまりWebアプリケーションを公開してエンドユーザー向けにURLを定義する、仮想ブラウザ上でアプリケーションをテストする、ユーザーにURLを配布するという手順を行うことで、数分で設定できます。

Secure Browserの機能は、XenAppにも組み込まれています。このオプションを使用することで、IT部門は、オンプレミスのサーバーおよびWebサイトを標準のXenAppの実装と同じように管理できます。お客様は、Citrix Lifecycle Management XenApp Secure Browser Blueprintを使用するか、具体的な手順が示された『XenApp Secure Browser Deployment Guide(XenApp Secure Browser導入ガイド)』に従って目的のリソースの場所にご自身で導入することができます。

シトリックス製品

XenApp Secure Browserサービス

  • 管理容易性とユーザーエクスペリエンスを向上させながら、ブラウザベースのアプリケーションを安全に配信
  • 従来のVPNベースのリモートアクセスの複雑さをなくし、社内のブラウザベースアプリケーションに対してシンプルでセキュアなアクセスを提供
  • セキュリティを強化しつつ、ブラウザベースのアプリケーションの開発コストとサポートコストを削減

ブラウザベースの
アプリケーションの
問題はどのくらい
大きいものですか?

ネットワークで使用しているブラウザ、アプリケーション、およびプラグインを特定します。

ビデオ

お客様がWebアプリを仮想化する理由(2:05)

Web、ブラウザ、およびSaaSアプリを仮想化することで得られるメリットについてお客様の声をお聞きください。

解説

アプリケーションの仮想化によってWebアプリを配信する理由のトップ3

管理容易性とユーザーエクスペリエンスを向上させながら、ブラウザベースのアプリケーションを安全に配信します。

導入事例

公開されているブラウザの保護

エンドポイントとホステッドブラウザのセキュリティに関するガイダンスを入手できます。

次のステップ

安全なブラウザサービスを無料で試す