Skype for Businessを
仮想化

SkypeとVDIを一緒に使用する唯一の手段 — Microsoft推奨および共同開発

Microsoft® Skype for Businessは、従来のPBXシステムの後継として、Microsoftのユニファイド コミュニケーション プラットフォームを採用する企業が増えるにつれて、その導入が広がっています。通話、メッセージング、オンライン会議、およびビデオ視聴をSkypeに切り替えることで、ハードウェアと管理の両面で大幅なコスト削減が可能になります。Skypeを仮想アプリケーションとして実行すれば、IT部門は標準化された1つのバージョンを使用して、組織のすべてのプラットフォームでユーザーをサポートできるため、これらの利点をさらに活用できます。また、仮想化することで、ログやその他のファイルがユーザーのローカルデバイスに格納されることによるセキュリティ上のリスクも回避できます。

Citrix XenAppおよびXenDesktopを使用したSkype for Business

しかし、従来の仮想化配信方法では、Skypeのパフォーマンスが大幅に低下する可能性があり、ユーザーがそれに不満を感じることで採用が進まなくなるおそれがあります。IT部門は、少なくとも従来のPBXと同等のパフォーマンスでSkypeを仮想アプリケーションとして配信する方法を見つける必要があります。シトリックスは、仮想化された統合通信(UC)アプリケーションで通常発生するパフォーマンスの問題をMicrosoftと共同で解決しました。

詳細を見る

Microsoftと共同で開発され、その推奨を受けている Citrix HDX RealTime Optimization Packを使用すれば、Skype for Businessをローカルインストールと同じパフォーマンスで、仮想アプリケーションとして、または仮想デスクトップ内で公開できます。

Microsoftでは、Skype for Businessの仮想化配信に対する関心が高まっていることを理解しています。このアーキテクチャによって当社の23万人の共有されたお客様や何百万ものユーザーを満足させる高水準のパフォーマンスをお届けするため、Microsoftのエンジニアはシトリックスと共に、Skype for Business用のHDX RealTime Optimization Packを開発しました。この最適化技術は、Skype for Businessを仮想環境で配信する唯一のMicrosoft支援ソリューションです。

HDX RealTime Optimization Packアーキテクチャにより、Microsoft Office製品との統合が仮想環境内に維持されます。スムーズな通話品質で、サーバーのスケーラビリティも最大限になっており、オーディオ/ビデオ品質はローカル環境並みです。ユーザーは、引き続きSkypeアクセサリおよび以前と同じユーザーインターフェイスを使用して、音声、ビデオ、およびテキスト通話をローカルにインストールされたクライアントと同様に行うことができます。Windows環境のみならず、さまざまなMacデバイスやLinuxデバイスでも、RTOPおよびSkype for Businessを、他のXenAppおよびXenDesktopコンポーネントと同じ安全な方法で配信、管理、監視できます。

Skype for Businessの従来のローカルインストールでは、企業データとデバイスがセキュリティの脅威にさらされてしまいます。XenAppまたはXenDesktopを使用してSkypeを仮想的に配信することで、Skypeクライアントおよび関連データはデータセンターに保持され、デバイス自体のリスクにさらされることはありません。もしデバイスを紛失した場合でも、会社や顧客の情報は流出しません。マルウェアに感染しても、盗まれるデータはありません。ユーザーエクスペリエンスも変わりません。アプリケーションを起動するには、ネイティブインターフェイスと同様に、Skype for Businessのアイコンをクリックします。違う点は、アプリケーションがデータセンターで実行されるということだけです。

Citrix NetScaler SD-WANソリューション(旧称CloudBridge)は、手頃なコストで仮想WAN接続を提供し、その信頼性を最大限に引き出すことにより、厳しいネットワーク状況にある、仮想化されたSkype for Businessを強化します。ブランチサイトへのWANリンクは、帯域幅制限、遅延、パケット損失の影響を最も受けやすいため、多くのエンタープライズネットワークで音声やビデオ品質の問題を引き起こす原因となることがあります。

シトリックス製品

XenAppとXenDesktop + Microsoft

  • Skype for Business用の最適なパックのみが、仮想アプリケーションとしてMicrosoftから正式なサポートと推奨を取得
  • Windows、Mac、およびLinuxエンドポイントで、ネイティブアプリエクスペリエンスを伴う包括的なSkype機能
  • Skype認証電話、カメラ、およびその他のデバイスのサポート
  • エンドポイントでなく、データセンターに保護された通話アーカイブとチャットデータアーカイブ
  • シングルバージョンと管理されたアップグレードでヘルプデスクコストを削減
  • 一元管理された、簡単な管理
  • 最適なSkype for Businessサーバースケーラビリティ
  • 複数のお客様で1万人以上のユーザーに展開された定評あるソリューション

Skype for Businessの管理とセキュリティの問題どのくらい大きいものですか?

現在の環境で実行されているバージョンがどのくらいあるか、またユーザーのエンドポイントでセキュリティ保護されていないデータがどのくらいあるかについて説明します。

ビデオ

Skype for Business用のCitrix HDX RealTime Optimization Pack

サーバーのスケーラビリティを確保して、データの安全を維持しながら、クライアントのプラットフォームに素晴らしいユーザーエクスペリエンスを提供します。

解説

Skype for Businessをセキュアな仮想アプリとして実行する

従来の仮想インストールでのパフォーマンスの問題を回避する

導入事例

ESGホワイトペーパー:CitrixとMicrosoft Skype for Business(英語)

コラボレーション、コミュニケーション、生産性の最適化に向けて連携。

次のステップ