用語集に戻る

ハイブリッドクラウドとは?

ハイブリッドクラウドは、プライベートクラウドを1つ以上のパブリッククラウドサービスと組み合わせることに加えて、個々の異なるサービス間での通信を可能にするプロプライエタリなソフトウェアとも組み合わせることで作成されたソリューションです。ハイブリッドクラウド戦略は、ニーズやコストの変動に応じて複数のクラウドソリューション間でワークロードを移動させることにより、さらに高い柔軟性を企業に提供します。

ハイブリッドクラウドサービスは非常に強力であり、自社のプライベートデータに関するより優れた制御を企業に提供します。企業や組織は、機密データをプライベートクラウドやローカルデータセンターに保存すると同時に、マネージドパブリッククラウドの堅牢なコンピューティングリソースを活用できます。ハイブリッドクラウドは、マルチクラウド戦略とは異なり、単一の管理プレーンを使用します。マルチクラウド戦略では、管理者が個々のクラウド環境を別々に管理する必要があります。

ハイブリッドクラウドアーキテクチャ

パブリックおよびプライベートクラウドリソースを統一的に管理することは、クラウド環境を個別に管理することよりも好ましいと見なされます。なぜなら、そうすることでプロセスが過剰になる可能性を削減できるからです。複数の環境を別々に管理する場合、各ソリューションが互いに連携動作するように完全に最適化されていない場合、セキュリティの抜け穴に関するリスクが高まります。

ハイブリッドアーキテクチャにおけるベストプラクティスに従って、プライベートデータのパブリッククラウドへの公開を制限することにより、多くのセキュリティリスクを一掃できます。

ハイブリッドクラウドインフラストラクチャには通常、パブリックIaaS(Infrastructure as a Service)プラットフォーム、プライベートクラウドまたはデータセンター、そしてセキュアなネットワークへのアクセスが含まれています。多くのハイブリッドモデルでは、ローカルエリアネットワーク(LAN)とワイドエリアネットワーク(WAN)の両方を利用します。

ハイブリッド戦略を採用する企業では通常、IaaSソリューションから開始し、その後、機能を拡張することでプライベートクラウドへと移行します。ハイブリッド戦略を効果的に導入するには、パブリッククラウドとプライベートクラウドを互換性のあるものとし、それらが相互に通信できるようにする必要があります。多くの場合、プライベートクラウドが、パブリックソリューションと互換性を持つように構築されます。

近年、Amazon、Google、MicrosoftなどのIaaSプロバイダーは、企業が自社のローカルリソースをパブリッククラウドソリューションへと接続することを容易にしています。また、アプリケーションプログラムインターフェイス(API)により、複数のサービス間でのネイティブな相互運用性が改善されています。さらに、ハイブリッドアーキテクトは、複数のクラウド環境間でのオーケストレーションを担当する別のソフトウェアレイヤを通じてパブリッククラウドへの接続を行う仮想マシンを生成するために、ハイブリッドレイヤを配備する場合があります。

ハイブリッドクラウドがもたらすメリット

ハイブリッドクラウドのメリットは、自社データに関するより大きな制御権をITリーダーに提供できるという同ソリューションの能力に由来しています。基本的に、ハイブリッドモデルは、利害関係者が個々のユースケースに最適な環境を選択できるようにするために、複数のオプションを企業に提供します。

ほとんどの企業や組織は、毎日の業務において同じレベルのコンピューティング能力を利用しているわけではありません。実際には、企業や組織が、自社リソースのニーズが急増するのを認識するのは年間の特定の時期のみです。たとえば、生命保険会社のアプリケーションは、オープンエンロールメントの時期に、通常の2倍のコンピューティング能力を必要とします。企業や組織は、1年間のほとんどは未使用状態となるこれらの追加リソースに資金を投入するのではなく、必要な場合にのみ自社のプライベートリソースをパブリッククラウドへと拡張することにより、コストを節約できます。

ハイブリッドモデルは、厳密なプライベートモデルに比べて、より少ないオンプレミスのスペースしか必要としません。企業は、プライベートネットワークをオンサイトに配備することで社内のニーズを処理し、その後、コンピューティングリソースがローカルな利用可用性を超過した時点でプライベートクラウドへと自動的に拡張できます。 このモデルは、巨大なデータセンターに投資する余裕のないスタートアップや、コスト効率の良いやり方でスケーリングを行う必要のある大企業にとってメリットがあります。

ハイブリッドを利用するのは誰か?

あらゆる業種の企業が、コストを削減しローカルリソースへの圧力を緩和するために、ハイブリッドソリューションへと移行しています。金融部門から医療業界に至るまで、ハイブリッド環境は、コンピューティング能力やストレージ能力の向上だけでなく、物理スペースの乏しいリソースの最適化においても効果的であることが実証されています。多くの企業や組織では、サーバーをオンサイトに配備するために十分な余地を保有していません。

医療分野では、データのプライバシーが最も重要視されており、プライベートに保持されるコンピューティングリソースが欠落しています。同分野にとっては、ハイブリッドクラウドモデルが理想的なソリューションとなります。なぜなら同モデルを導入すると、医療機関は、患者のデータをセキュアでプライベートなサーバー上に保持できるようになると同時に、パブリックIaaSモデルのコンピューティング能力を活用できるようになるからです。簡単に言えば、パブリッククラウドアプリケーションにより恩恵を受ける業種はすべて、パブリックモデルからも恩恵を受けます。

ハイブリッドクラウドのユースケース

オンデマンドでスケーリングが行えることは、ハイブリッドクラウドモデルが多くのビジネスユースを提供することを意味します。

新しいアプリケーション

テストされていないワークロードを使用する新しいアプリケーションを立ち上げる場合、予想しない結果がもたらされる可能性があります。クラウドドリブン型の企業は、何か新しいことに挑戦する場合、かなりの量のリスクを担う必要があります。ハイブリッドクラウドは、大きな初期投資のニーズを減らすことにより、このようなリスクを軽減します。企業は新しいアプリケーションを導入した後、当該リソースを使った分だけ支払い、事前の支払いは不要となります。何らかの理由によりアプリケーションが失敗し利用が休止された場合でも、企業が多額のコストを支払うことはありません。

規制コンプライアンス

特定の業界は、プライベートデータを保護するために規制されます。ただし、すべてのデータをプライベート環境に配置する必要があるわけではありません。ハイブリッドクラウドを使うと、企業は、規制に従う一方で、拡張されたコンピューティング能力をこれまで通り利用し続けることができます。

欧州連合(EU)における一般データ保護規則(GDPR)の導入により、多くの組織や企業が、EU規制に従うと同時に米国およびその他の国における一連の各種規制の下で運営を行うために、各自のデータを複数のソリューション間で分割しています。ユーザーデータをグローバルな規模で扱う企業はすべて、これらの規制に従う必要があり、違反した場合、厳しい罰金を科されるリスクを負うことになります。

ワークロードの急増に対応

未来は予測不可能です。本日現在の環境で効率的に動作しているアプリケーションであっても、明日になれば追加のコンピューティング能力を必要とするかもしれません。ハイブリッドクラウドはワークロードのニーズに適応することで、ワークロードのニーズが急増した場合であっても、サービスを円滑に提供し続けることができます。ワークロードがある環境から別の環境へと移動するため、これはしばしば「クラウドバースティング(cloudbursting)」と呼ばれます。これは、自分の当座預金口座で過剰な引き出しに関する保護を設定することに似ています。いずれにせよ、予期せぬことが起こった場合のフェイルセーフを用意する必要があります。

ハイブリッドクラウドの管理方法

ハイブリッドクラウドの管理は複雑なタスクです。なぜなら、各クラウドソリューションは、独自のAPI、ストレージ管理プロトコル、ネットワーキング機能などを備えているからです。各ソリューションの複雑性をマスターすることは可能ですが、おそらくそれは持続可能ではありません。このため、ハイブリッドクラウド管理を担当するプロフェッショナルは、多くの場合、すべてのクラウドサービスをシームレスに管理するための単一インターフェイスを構築します。

そのようなインターフェイスを構築するには、複数のクラウドソリューションの処理や、異なるネットワークを効果的に相互通信させることに精通したチームが必要となります。幸いなことに、エンタープライズグレードのツールが提供されているため、ITマネージャーは、そのようなツールを使用して、自社のシステムを正常に運用することができます。

IaaS(Infrastructure as a Service)プロバイダー

現在、市場には40社を超える大手IaaSプロバイダーが存在しており、ITリーダーは、パブリッククラウドサービスの選択に関する限り、かつてないほど多くの選択肢を手にしていることになります。拡張可能な機能を提供する3つの大手プロバイダーを下記に紹介します。

Amazon Web Services

AWSは世界最大のパブリッククラウドであり、クラウド市場で40%以上のシェアを獲得しています。Amazonのサービスに人気があるのには理由があります。AWSは、コンテンツデリバリー、コンピューティング能力、ネットワーキング機能、データベース管理を含む各種の堅牢な機能を提供しています。シトリックスとAmazon Web Servicesの提携に関する詳細については、こちらをご覧ください。

Google Cloud Platform(GCP)

AWSと比べると比較的新しいサービスですが、GCPは、Googleの同分野における専門性のおかげで著しい速さで急成長しています。Googleは最先端の機械学習やビッグデータ技術を利用できるため、GCPは高度に複雑なコンピューティングニーズにとって理想的なソリューションとなります。シトリックスとGoogle Cloudがハイブリッド環境でイノベーティブなソリューションを使用してより良い働き方をいかに推進しているかについては、詳細をご確認ください。

Microsoft Azure

世界で2番目に人気のあるパブリッククラウドであるMicrosoftのAzureは、ハイブリッドモデルのアーリーサポーターでした。同サービスは、ハイブリッドクラウドアーキテクトに対して卓越したサポートを提供しており、これは新規プロジェクトをより迅速に実現できることを意味します。また、Microsoftのオープンソースフレームワークにおける投資の更新は、Azureの採用をより容易にしています。シトリックスとMicrosoftがクラウド分野で協働することでビジネスのペースに合わせてハイブリッドクラウドへの移行を推進しているかについては、こちらをご覧ください。

ハイブリッドクラウドがお客様にとって適しているかどうかについて

ハイブリッドクラウドモデルは、IT部門の優先事項とビジネス部門のニーズを調和させるための効果的な方法の1つです。多くの企業が、その他の選択肢よりもハイブリッドクラウドを活用することでメリットを得ています。ハイブリッド、パブリック、プライベートという3つの選択肢の中では、ハイブリッドが最も優れた柔軟性を提供することは明らかです。企業や組織がそのレベルの柔軟性を必要とするかどうかは、企業や組織が抱えている目標、それが置かれている規制環境、それらのニーズが近い将来どれくらい変化するかに依存します。

ハイブリッドクラウドは、プライベートクラウドインフラストラクチャをすでに配備済みの企業にとって優れた選択肢となります。PaaS(Platform as a Service)オプションを使用してパブリッククラウドとのインターフェイスを取ることで、ハイブリッドクラウドの導入が容易になります。パブリッククラウドの能力を失うことなく自社データをより効果的に保護したいと望む企業や組織は、機密データをプライベートクラウドへと移動し、パブリックリソースとのインターフェイスを取ることでメリットが得られます。

ハイブリッドは、動的なワークロード、処理すべき大量のデータ、またはITサービスの大規模な混在を抱えている企業や組織にとって高い価値があります。ハイブリッドモデルが提供する柔軟性、スケーラビリティ、応答性を軽視してはなりません。さらに、本当に必要な場合にのみ、追加リソースに関して費用を支払えば良いため、企業や組織はコストを大幅に節約できます。

Citrix Workspaceは、お客様のハイブリッドクラウドへの移行に適合することを目的に設計されたデジタルワークスペースです。詳細についてはこちらをご覧ください。

関連資料

デジタルワークスペースとクラウド

ハイブリッドクラウドとネットワーキング