デジタルワークスペースとは?

デジタルワークスペースは、アプリケーション、データ、およびデスクトップ配信を提供および管理するために設計された統合テクノロジフレームワークです。従業員はどこからでも、どのデバイスからでもアプリやデータにアクセスできます。デジタルワークスペースを成功させるには、IT部門とエンドユーザーに、統一されたコンテキストに基づく、安全な操作性を提供する必要があります。

統合された安全でインテリジェントなデジタルワークスペースには、次のものが含れます。

  • アプリケーションおよびデスクトップ仮想化
  • ファイル共有およびコンテンツコラボレーション
  • エンドポイントの統合管理
  • SaaSアプリケーションへのセキュアなアクセス/セキュアなブラウジング
  • シングルサインオン(SSO)
  • 機械学習によるガイド付き自動ワークフロー

デジタルワークスペースに関するその他のトピック

デジタルワークスペースがもたらす3つのメリットとは

デジタルワークスペースの活用例とは

デジタルワークスペースはどのように進化していますか?

デジタルワークスペースがもたらす3つのメリットとは

1.従業員エクスペリエンスの向上
調査によると、仕事に集中している従業員ほど生産性が高く、自活的かつ革新的な傾向があります。1しかし、アプリやシステムへの膨大なサインインは、従業員を混乱させ、時間を無駄にしています。実際、従業員はシステムの検索、パスワードの入力、情報の検索に1週間に1日分の時間を費やしています。2 85%の従業員が仕事にやる気を失っていても不思議ではありません。1

デジタルワークスペースは、ビジネスを前進させるために必要な人材を引きつけ維持する、よりシンプルで柔軟なワークスタイルを可能にすることで、従業員エクスペリエンスの変革 に役立ちます。

2.セキュリティとデータ侵害に対する保護の強化
ビジネスとITのリーダーは、従業員が外出先、顧客先、自宅など、仕事で必要な場所から必要なものにアクセスできるようにしたいと考えています。しかし、従業員は仕事の60%をデスクから離れた場所で行っているため、アカウントが乗っ取られる可能性はどこにでもあります。3これが、デジタルワークスペースにより、あらゆるデバイスからあらゆるアプリやファイルへシングルサインオン (SSO)を提供する理由の一つです。パスワードが少なければ、ビジネスへのリスクも少なくなり、ITヘルプデスクへの問い合わせも少なくなります。

デジタルワークスペースを使用すると、ネットワークトラフィック、ユーザー、ファイル、およびエンドポイントに関する完全なビューがITに提供されるため、セキュリティが向上し、内部および外部の脅威に先手を打つことがこれまで以上に簡単になります。デジタルワークスペースに組み込まれた機械学習と人工知能は、ハッキング、マルウェア、およびエンドユーザーによるミスから企業データを保護します。また、役割、ロケーション、デバイス、またはアクティビティに基づいて、誰が何にアクセスできるかを決定できます。

3.組織が必要とするテクノロジーを柔軟に選択
デジタルワークスペースを使用すると、セキュリティやユーザーエクスペリエンスの低下を心配することなく、新しいテクノロジーやクラウドを簡単に導入できます。デジタルワークスペースは、SaaS、Web、仮想など、あらゆるアプリケーションにアクセスするための1つの場所を提供します。また、IT部門はすべてをバックエンドの1つの統合コンソールで管理できます。SaaSおよびWebアプリケーションの高度なセキュリティ制御により、IT部門はユーザーが知っていて好きなアプリケーションを、制御された環境で使用できるようになります。

デジタルワークスペースの活用例とは

あらゆる規模および業種の従業員は、デジタルワークスペースのメリットを享受できます。ここでは、どのような役割またはタスクに対しても、セキュリティ、生産性、エクスペリエンス、およびガバナンスの目標の適切なバランスを提供するように、デジタルワークスペースを調整する方法を紹介します。

リモートおよびモバイルワーカー
このような従業員は、デジタルワークスペースを使用することで、従来の企業アプリケーションからOffice365 などのクラウドベースのアプリケーションまで、機密データの作成と使用のためにビジネスポリシーを適用するあらゆるものを利用できるようになります。

たとえば、規制されたコールセンターからリモートで作業する場合、デジタルワークスペースはPCI DSSなどの厳格な規制で強化するのに役立ちます。また、ビジネスで出張する場合、デジタルワークスペースを使用すると、飛行機、ホテル、および海外の滞在先で仕事することができますが、それぞれの状況に適したアプリケーションとコンテンツのみを使用可能にします。また、医療機関で働く場合、医療機関を移動する臨床医や医師は、必要な場所から最も機密性の高い情報に瞬時に安全にアクセスできます。

ナレッジワーカー
極秘のプロジェクトを持つ従業員は、あらかじめ定義した小規模なチームが使用できるように、重要な機密情報と知的財産を保持する必要があります。デジタルワークスペースでは、既定ですべてのコンテンツを暗号化し、チームだけがアクセスできるようにすることができます。これは、誤って公開されたり、悪意を持って公開されたりした場合でも可能です。これには、外部の弁護士などの第三者との統合が含れます。また、M&Aチームでは、デジタルワークスペースを使用して、異なる組織を結び付け、必要に応じてリソースを統合、分離することができます。

業務委託と派遣社員
多くの組織は業務委託や派遣社員に依存していますが、独自の要件を管理することは困難です。たとえば、企業のアプリケーションやデータにアクセスする場合、これらの従業員は組織のActive Directoryのグループに存在しないため、適切に管理されていない可能性があり注意が必要です。また、以前に使用したアプリケーションとは異なる場合があるため、必要なアプリケーションの操作方法を習得する時間がない場合もあります。

デジタルワークスペースはどのように進化していますか?

デジタルワークスペースの概念は、アプリケーションとデータへの統一されたアクセスを提供することから始まりましたが、それだけでは現代の従業員のニーズと期待を満たすのは十分ではありません。約70%の従業員が、1時間に10回もアプリケーションを切り替えているため、38%の従業員が思考を妨げています。4

将来のデジタルワークスペースは、機械学習と人工知能を使用して仕事の選択と集中を行い、コンテキストの切り替えに費やす時間を短縮し、自分自身の仕事に専念できるようにする必要があります。バーチャルアシスタンス、日常業務の自動化、パーソナライズされた洞察、トップアクションの優先順位付けなどは、デジタルワークスペースインテリジェンスが人々をよりスマートで迅速に機能させる方法のほんの一部にすぎません。

次のトピックもご覧ください。

次のステップ