製品ライフサイクルのサポートポリシー

シトリックスは最高品質のソフトウェアを提供するように努めていますが、すべてのシナリオおよびソフトウェア環境でテストを行うことは事実上不可能です。場合によっては、製品の性能や機能に影響する問題が発生することもあります。お客様は、シトリックスのWebサイトの「サポートとサービス」セクションに記載されているテクニカルサポートプログラムを通して、そのような状況に対処する必要があります。

お客様は、ニーズに応じた適切なテクニカルサポートプログラムを選択して、Webベースの無償ツール、シトリックスが有するソリューションプロバイダーの広範なネットワーク、およびシトリックスから直接提供されるテクニカルサポートを始めとする多くのオプションを利用できます。

シトリックスのサポートプログラムの目標は、当社のお客様が経験した技術的な問題を特定するために必要なツールと知識を、そのお客様に提供することです。問題が特定されると、シトリックスは、問題を解決するために必要な次なるステップを推奨します。これには、設定変更、既存製品のアップデートやアップグレードが含まれます。状況によっては、シトリックスは、問題をさらに詳細に特定するためにはエスカレーションが必要であると判断し、新しい製品アップグレードにより潜在的に問題を解決する場合があります。お客様に割り当てられているシトリックスのサポート担当者が、製品の技術的問題を解決するための適切なステップをお客様に伝えます。

このポリシーの目的では、以下のサポート定義が適用されます。

サポート

  • 特定の問題に関する一般的なトラブルシューティングにより潜在的な原因を特定
  • 設定変更、既存製品のアップデートやアップグレードの適用を通じて問題を解決

メンテナンス

  • 製品コードの変更による問題解決
  • 通常、製品アップデートまたはアップグレードを通じて提供
  • 後続リリースに修正が含まれている場合、お客様は、新しいリリースへとアップグレードすることを求められます。

多くのシトリックス製品の3つのライフサイクルフェーズ

シトリックスは、製品やリリースをこれらのライフサイクルフェーズに沿ってアナウンスします。このアナウンスは、ステータス変更のお知らせ(NSC)によって行われます。製品のマトリクス表は、販売終了(EOS)、メンテナンス終了(EOM)、製品終了(EOL)の具体的な日程で更新されます。詳細については、「ライフサイクルの定義」をご覧ください。

これらのフェーズは、サブスクリプションが有効な間は最新バージョンへの継続的なアクセスを提供するPodioおよびShareFileには適用されません。

各フェーズにおけるサポートとメンテナンス

一般提供開始(GA)からメンテナンス終了(EOM)まで

一般提供開始から、メンテナンス終了日まで、製品のサポートとメンテナンスが完全に実施されます。シトリックスは、製品アップデートまたはアップグレードの形式で、コードレベルのメンテナンスを提供します。メンテナンスを継続して受ける場合、シトリックスのお客様は、当該製品のより新しいバージョンへとアップデートまたはアップグレードが必要な場合があります。テクニカルサポート関連の情報については、サポートプログラムとサービスを参照してください。

メンテナンス終了(EOM)から製品終了(EOL)まで

製品リリースがメンテナンス終了日に達した場合、それ以降のコードレベルのメンテナンスは提供されません。ただし、同製品は、製品終了日に達するまで継続してサポートされます。

製品終了

製品リリースが製品終了フェーズ日に達すると、お客様は製品のライセンス契約の範囲内で製品を使い続けることはできますが、利用できるサポートオプションが限られます。ナレッジセンターやその他のオンラインリソースにこれまでの情報が掲載されている場合もありますが、それらは更新されず、現状のまま提供されます。お客様は、ライセンス契約書の現状まま製品を使用することになります。

製品ライフサイクルサポートポリシーは、シトリックス製品を購入されたお客様に対して、その製品に関するメリットをもたらすことのみを目的としています。本ポリシーはサードパーティに対してメリットをもたらすことを意図しておらず、サードパーティ製品には適用されません。シトリックスは、その時々において、要求されるビジネスニーズに応じて、事前の通知なしに、すべてまたは一部の製品に関して、その製品ライフサイクルサポートポリシーを独自の裁量で変更する権利を有します。製品ライフサイクルサポートポリシーのWebページは、任意の変更に関して、それらの発効日の時点で更新されます。

In North America
フリーダイヤル:0120 941 133